食と農のグリーンツーリズム事業、インバウンドに狙いを定め展開 – nikkei BPnet

Home » 民泊 » 食と農のグリーンツーリズム事業、インバウンドに狙いを定め展開 – nikkei BPnet
民泊 コメントはまだありません



インバウンドが増える中、2016年3月に農林中央金庫、ABC Cooking Studio、リクルートライフスタイル、農協観光の4社が、食と農をテーマにしたグリーンツーリズム事業の包括的パートナーシップ協定を結んだ。4社はその後4月、7月と2回のモニターツアーを実施、課題や方向性も見えてきた。提携の取りまとめ役となる農林中央金庫 山田秀顕常務理事に事業の現状と今後について語ってもらった。

(写真:栗原克己)

[画像のクリックで拡大表示]

――まずは事業の概要について教えてください。

 4社が協力して、食と農をテーマとしたグリーンツーリズムのツアーを展開していきます。地方での農業体験、田舎暮らし、収穫した野菜を使った料理教室などの体験を盛り込んだものです。基本的には海外からの観光客を意識したもので、いずれは国内の旅行客もターゲットにしていきます。この事業を通じて、最終的には、日本食の魅力発信による農産物の輸出拡大と、旅行客(地域の交流人口)の増加による地域活性化を目指しています。

 農林中金では、今、農業所得増大と地域活性化の2つの取り組みを進めています。これは金融機関単独でできることではありません。取引先の皆さんとネットワークを作りながら何ができるかをずっと考えてきた中で、インバウンドの増加とグリーンツーリズムに対する期待感が高いという状況を受けて、これをテーマに積極的な方々をコーディネートしていくことを思い立ったわけです。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

協定を結んだ4社の役割分担イメージ(左)。2020年には、グリーンツーリズム体験者は1300万人に(右)(2点ともプレスリリースより)

各地で計10回のモニターツアーを実施

――企画するツアーはどのような内容ですか?

 試験的なモニターツアーを実施し、企画のレベルを上げ国内外のパートナーも広げながらプロトタイプのツアーにしていき、実際の本格的なツアーにつなげます。モニターツアーは4月に京都・和歌山・奈良を巡る3泊4日で第1弾を実施。7月には第2弾として千葉・神奈川・東京を巡る3泊5日のツアーを行いました。第1弾は香港から、第2弾はシンガポールからの訪日客で、いずれも10人前後の規模です。

 当面はABC Cooking Studioさんの教室がある中国、台湾、香港、シンガポール、タイなど、アジア圏から集客をしていきます。日本の農林水産物の主な輸出先として上位にある地域がメーンです。ツアー参加者は主に若い女性で、SNSやブログなどで情報発信力のある方々を選びました。直売所の訪問や料理教室、収穫体験や加工体験、さらに地域交流の体験などをしていただきました。

第2回 食農グリーンツーリズムモニターツアーの実施概要(プレスリリースより)

 モニターツアーは、この2回を含めて2016年からの3年で7カ所のモデル地域で計10回程度、実施予定です。モデル地域は、北海道から九州までの各地で、2~3県にまたがる地域を考えています。大震災の被災地である東北と、熊本は意識しています。






コメントを残す