映画「俺俺」 昭和が濃厚に漂う上毛電気鉄道・中央前橋駅周辺 鉄道むすめの北原ゆうきも“評判” – 産経ニュース

Home » 聖地巡礼 » 映画「俺俺」 昭和が濃厚に漂う上毛電気鉄道・中央前橋駅周辺 鉄道むすめの北原ゆうきも“評判” – 産経ニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 前橋と桐生の約25キロを結ぶ上毛電気鉄道は再来年、平成30年に開業90周年を迎える。起点の中央前橋駅の駅舎は、ガラス張りのモダンな外観。その上に並ぶ巨大な駅名表示看板が目を引く。映画の中でも、この駅舎が何度か登場する。

 「27年の1日あたりの乗降客数は1736人。ピークは昭和42年の6935人で、残念ながらお客さまは年々減少しています」と話すのは同鉄道総務部の中沢寛幸課長(46)。各地のローカル線は厳しい状況に置かれるが、自動車への依存度が全国でもトップクラスの群馬ではこれも仕方のないことか。

続きを読む






コメントを残す