市内撮影1300作品目 映画「バケツと僕!」 茨城・常総市の木造学舎 青少年自然の家 – 産経ニュース

Home » 聖地巡礼 » 市内撮影1300作品目 映画「バケツと僕!」 茨城・常総市の木造学舎 青少年自然の家 – 産経ニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 ロケ地は常総市大生郷町にある「青少年の家」。市内で撮影された映画やドラマなどが1300作品に達したので、記念品を贈呈する-。そんな市の情報提供を受けてのことだった。

 青少年の家は昭和27年に建てられた施設で、かつては中学生の学舎だった。学校統廃合により閉校し、その後は宿泊施設にもなっていた。食堂や風呂、会議室も備えた木造の建物が、制作側のイメージとぴったりだったらしい。

 ここでロケを行った記念すべき1300作品目が、映画「バケツと僕!」だ。シンガーソングライターの紘毅(ひろき)さん(31)扮する神島が、勤務先となる児童養護施設にやって来て、バケツという少年の部屋を案内されるシーンなどが収録された。

 制作側の許可をもらい、建物内でのロケをのぞく。機材の配置、モニター越しの照明チェック…。手際よいスタッフの動きに「こうして撮影が進むんだ」と驚いた。とても寒い日だったが、気さくに話してくれた女性スタッフの優しさに心がほっこりとさせられた。

続きを読む






コメントを残す