駅前通りにほのかな郷愁 「クロロとゆめな the MOVIE~ツナガルミライ~」 栃木・那須町のJR黒田原駅 – 産経ニュース

Home » 聖地巡礼 » 駅前通りにほのかな郷愁 「クロロとゆめな the MOVIE~ツナガルミライ~」 栃木・那須町のJR黒田原駅 – 産経ニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 栃木県那須町のJR黒田原駅を訪ねると、ちょうど通学時間帯で、県立那須高校に向かう生徒たちが一斉に駅を出てきた。近くには町役場や銀行もあり、かつて駅前通りはにぎわいを見せたというが、今は店をたたんだ商店も多く、シャッターが目立つ。高校生が元気な声を弾ませて行き交う時間帯だけがにわかに通りが活気付く。

 黒田原地区マスコットキャラクター「クロロとゆめな」は、観光名所も少なく、知名度の低い同地区のイメージアップを図ろうと、町商工会が平成22年に誕生させた。

 「クロロ」は馬。世話をする女の子が「ゆめな」。昭和40年代まで、同地区には大きな馬市場があったことにちなんで考案された町公認キャラクターだ。

 そんな「クロロとゆめな」が昨年、短編映画になった。「クロロとゆめな the MOVIE~ツナガルミライ~」(27分)で同県小山市の映画館で開催された「おもいがわ映画祭」では、「ショートムービーコンペティション」の上映作品に選ばれ、小山市長賞を受賞した。

 制作したのは、那須町地域おこし協力隊の木下愛貴(あいき)さん(28)。同地区を気に入り、「地域を盛り上げたい」と、同町や小山市などでのロケで自らカメラを持ち、撮影。町民もエキストラとして協力した。

続きを読む






コメントを残す