テレビ、映画のロケ誘致の成功の立役者の奮闘と工夫 – ニフティニュース

Home » 聖地巡礼 » テレビ、映画のロケ誘致の成功の立役者の奮闘と工夫 – ニフティニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 都内ではまだダウンジャケットが手放せない2月上旬、熱海の市街地を流れる糸川沿いの遊歩道では、桜が咲き誇っていた。

 咲いているのは「あたみ桜」。下田の御用邸、伊勢神宮、東宮御所に献上されたことでも知られる早咲きの桜で、1月からつぼみをほころばせるため、「日本でいちばん早い桜」と呼ばれている。

 ちょうどこの時期は、梅も同時に開花するため、一足早く、賑やかな春を楽しもうという人たちが関東近郊だけではなく全国から訪れている。

 花を目当てに東京からやって来たという60代の夫婦は、薄紅色の花を見上げて「本当に素敵ですね」と声を弾ませる。熱海に来たのは30年ぶり。四半世紀以上、足が遠のいていた熱海を再訪したのは、ある噂を聞きつけたからだ。

「最近、熱海がよくなったと聞いたので、それで来てみたんです。そうしたら、桜の周りだけではなく食事をするところがどこも混んでいて、こんなに賑わっているのかと本当にびっくりしました」

 若い世代も、熱海を新鮮に楽しんでいる。互いに写真を撮り合っている若い女性3人組は、名古屋から来たという女子大生だった。

「名古屋からだと、新幹線で2時間くらいなので、プチ旅行にちょうどいいんです。だから去年もみんなで同じ時期に来たんですよ。でも、そのときよりずっと観光客が増えていますね」と興奮ぎみに教えてくれた。

 今、熱海を訪れる観光客が増えている。2015年度、熱海市内の温泉のある旅館やホテルに滞在した宿泊客は300万人の大台に乗った。これは実に13年ぶりの大記録だ。さらに、2016年には楽天トラベルが発表した「人気温泉地ランキング」で、2年連続の1位に輝いている。

 花見客や熱海駅前や駅前商店街の人だかりを見ても、若者から家族連れ、お年寄りまで幅広い世代から熱海が支持されているのがわかる。なぜ今、熱海の人気は再燃しているのか――。

 今、熱海が再び活性化してきている背景には、豊富な観光資源が見直されてきたという事実がある。熱海市役所観光経済課・山田久貴さんもこう胸を張る。

「都心から新幹線で40分ほどという近さ、海・山そして初島のような自然がある。温泉もあり、おいしい食もあり、そして、『起雲閣』のような歴史的な遺産もある。この5つを兼ね備えた観光地は、全国探しても熱海以外にないと思います。それをどうやって多くの人に伝えるか、が問題でした」

 最近は、熱海がテレビなどで紹介される機会が増え、それを見た人たちによる観光が増えている。地元の人たちの間では「山田さんのおかげ」「本当に、よくやってくれていると思います」という声も聞かれる。

 熱海市では2012年から、山田さんが先陣を切ってテレビのバラエティーやドラマなどのロケの誘致プロジェクトを進めてきた。これによって、それまでは年間40本ほどだったロケの数は2014年度に100本を超え、2016年度は120本まで達する見込みだ。

 山田さんは2001年に、中途採用で熱海市の職員となった。その頃も熱海は長い低迷の渦中にあった。観光経済課に配属となり、熱海復活の即戦力として大きな期待を担った。山田さんはさまざまなイベントを企画したり、都内の駅で観光誘致のためのビラ配りをしたりと、熱海をPRするため試行錯誤を繰り返した。それでも右肩下がりの状況に歯止めがかからない。

 山田さんはあるとき、商店街や地盤産業を取り上げるテレビ番組のロケに立ち会っていて、スタッフの言葉からあることに気づかされた。

「『熱海には、結構ネタがありますね』と言われたんです。確かにそうだなと思って、こちらもビーチやヨットハーバーなどおすすめの場所の紹介を積極的に続けたところ、その番組では3か月間も、熱海のことを扱ってくれたんです」

 テレビの影響は絶大だった。そこで山田さんは、バラエティーに富んだ熱海の魅力を、常にネタを探しているテレビ関係者に向けて発信していくことにした。例えば、熱海の港から船で30分の距離にある初島ではリゾート気分が味わえることや、レトロで食事もコーヒーもおいしい純喫茶が多く、一方で今風のおしゃれなカフェも増えていること。さらには、夏の風物詩の花火大会が、ここ熱海では3月から12月までは毎月、開催されていることもだ。

 そういったことを、熱海市のサイト内に設けた「ADさんいらっしゃい」というページに盛り込み、そこに自分の携帯電話の番号も載せた。ポツポツと鳴り始めた携帯はやがて、ひっきりなしに鳴るようになっていく。今は24時間365日態勢で、ロケの要望に応える毎日だ。

 ちょっと難しいのではないかと思われるようなリクエストにも、知恵を絞って応えてきた。決して無理とは言わず、あきらめない。

「例えば『ホテルの中で早朝に大きな音を出す演出をしたい』という要望もありました。このときは、ほかのお客さんへの配慮も必要でしたし、2フロアほど貸し切る必要があり、大型ホテルで急に対応するのは難しかった。

 そこで、住宅地から離れていてその日一日全棟が空いている小規模なホテルを探し出し交渉してOKをいただきました」

 ロケ場所の変更にもできるだけ柔軟に対応し、自分で現場に立ち会う。ある日は、朝5時から映画のロケの機材の搬入を手伝い、9時には情報番組のスタッフとロケ地に合った場所を探して歩き、午後はドラマのスタッフとロケ候補地を巡る。食事はおにぎりなどのさっと食べられるものと、妻が作ってくれる野菜のスムージーが定番だ。

 何時でも電話を受けるため、できるだけこまめに仮眠をとるようにしており、いつも移動用の軽ワゴンの車内に寝袋を用意しているという。

 過酷な毎日だが、それも「大好きな熱海を、より多くの人に知ってもらうため」と山田さんは言う。これまで人気ドラマ『とんび』(TBS系)、『HERO』(フジテレビ系)、映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』などのロケで、内容にふさわしい場所を探し出して、使ってもらった。

 その結果、それまで知らなかった熱海の新しい一面を画面を通して知り、今度は自分の目で確かめてみたいという、ロケ地巡りを目的にした観光客の数も増えた。2011年度に247万人にまで減った宿泊客数は2015年度、308万人にまでV字回復している。

 旅行ジャーナリストの村田和子さんはこう言う。

「さらに最近は、宿が相次いでリニューアルして客室や温泉などの施設も新しくなり快適に過ごせます。

 また、高級旅館からリーズナブルなホテルまで揃うようになり、旅のスタイルや予算に合わせて、宿泊先を選べるのも大きな魅力です」

※女性セブン2017年2月23日号






コメントを残す