群馬・高山村 県立天文台の高台に並ぶ不思議なモニュメント ドラマ「僕とスターの99日」 – 産経ニュース

Home » 聖地巡礼 » 群馬・高山村 県立天文台の高台に並ぶ不思議なモニュメント ドラマ「僕とスターの99日」 – 産経ニュース
聖地巡礼 コメントはまだありません



 榛名山や谷川岳、天気の良い日には富士山も望める高台にある「県立ぐんま天文台」(群馬県高山村)は平成11年に開館した。日本人初の女性宇宙飛行士、向井千秋さん(同県館林市出身)が宇宙に飛び立ったことや、県人口が200万人を超えたことなどを記念し、宇宙への関心を継続的に持ってもらおうと設立。天体観測の体験や、小中学生始め一般向けにも星や望遠鏡など観測器具への理解を深める教育を行う。年約3万人が利用する。

 この天文台が、23年放送のフジテレビ系連続ドラマ「僕とスターの99日」に登場する。天体観測が趣味の並木公平(西島秀俊)が就職希望先として訪れる。直径11メートルの観測用ドーム内のほか、天文台屋外に設置されたモニュメントでも撮影が行われた。

続きを読む






コメントを残す