岡山県玉野市長、瀬戸芸生かし地域振興 移住・起業など支援 – 日本経済新聞

Home » 町おこし » 岡山県玉野市長、瀬戸芸生かし地域振興 移住・起業など支援 – 日本経済新聞
町おこし コメントはまだありません



 岡山県南部、瀬戸内海に面した玉野市には宇野港があり、かつては四国との連絡船の発着地として栄えた。だが、瀬戸大橋開通後は利用者が減少し経済的地位は低下、人口の流出も続く。一方、最近は3年に1度開かれる瀬戸内国際芸術祭では展示会場に加え各島へ向かう玄関口として新たな人の流れも生まれてきた。黒田晋市長に現状と将来像を聞いた。

 ――2016年の瀬戸内国際芸術祭では多くの観光客が訪れました。

 「3回目の開…






コメントを残す