ゆるキャラ、風景、特産品…車のナンバープレートで地域振興 奈良県、ご当地オリジナルデザイン募集 – 産経ニュース

Home » 特産品 » ゆるキャラ、風景、特産品…車のナンバープレートで地域振興 奈良県、ご当地オリジナルデザイン募集 – 産経ニュース
特産品 コメントはまだありません



 車用の奈良オリジナルデザインの「ご当地ナンバープレート」を作ろうと、奈良県は24日、デザインの募集を始めた。国交省が来年秋から全国で交付するもので、県は「一目で奈良をイメージできるようなデザインを提案してほしい」としている。応募は4月4日まで。

 図柄入りのナンバープレートは原付きバイクでは認められており、県内でも桜井市や五條市、王寺町など複数の市町村で、名所や名産品、キャラクターをあしらったデザインが取り入れられ、人気となっている。車ではこれまで無地に数字というシンプルなプレートだったが、平成27年の道路運送車両法改正で、車でも図柄入りプレート制度を導入することが決まった。国交省は各地域からデザインを募る予定で、来年10月から交付を始める。

 県は「地域振興につながる」として国交省へのデザイン提案を決めており、4月まで一般から広くアイデアを募集する。その後、県民から意見を募った上で有識者も交えて候補を絞り、夏ごろ国交省にデザイン案を提案するという。

 デザインはプレートの背景にのみ施し、プレート自体の形状や数字の書体は変更できない。ご当地プレートには交通事故被害者支援などに使われる寄付金がついているものとついていないものの2種類があり、デザインも2種類募集する。いずれも奈良の観光資源や名産品など、奈良をイメージできる図柄が条件だ。

 応募資格は日本在住の個人で、国籍、年齢、経験、受賞歴の有無は問わない。1人2作品(寄付金ありと寄付なし)まで。応募要項など詳細は県道路環境課のホームページ(http://www.pref.nara.jp/31322.htm)。問い合わせは同課(電話0742・27・8667)。






コメントを残す