運だめしもできる!日光「東照宮」裏のパワースポット「滝尾神社」 – エキサイトニュース

Home » パワースポット » 運だめしもできる!日光「東照宮」裏のパワースポット「滝尾神社」 – エキサイトニュース
パワースポット コメントはまだありません



日光の「東照宮」は、徳川家康がまつられた神社。漆や極彩色がほどこされた建物の意匠や柱の彫刻など、豪華絢爛な建物はため息もの。1999年には、日本を代表する世界遺産「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。その「東照宮」から徒歩圏内に、日光エリアでも随一と言われるパワースポットがあるのをご存知でしょうか。それが、今回、ご紹介する「滝尾神社(たきのおじんじゃ)」です。

「東照宮」から行者たちが使っていた「信仰の道」を行く

(C) Keisuke Mizumoto

滝尾神社へは、「東照宮」の右手から石畳の散策路を通り、徒歩で行くことができます。所要時間は約25分程度。清廉とした静けさをたたえるこの道は、かつて行者たちが使っていた信仰の道なのだそう。ちょっとした山道で、途中、苔むした道や急こう配もあるので、年配の方にはやや厳しいかもしれませんが、健脚で天気が良ければ、心地よくマイナスイオンを浴びられるご機嫌なお散歩いなりそうです。ただ、「東照宮」からそれほど離れていないのに、あまり人通りがないのは、うれしいような、不安なような・・・。もしかしたら、多くの観光客は、ここに神社があることを知らないのかも!?

(C) Keisuke Mizumoto

てくてくとたどり着いた「滝尾神社」は、うっそうと生い茂る木々の中に鎮座しています。まず出迎えてくれるのが石造りの鳥居です。こちらは、徳川家光の墓守を務めた梶定良(かじさだよし)が1689年に奉納したものだとか。






コメントを残す