ラーメンも凍る…日本一の寒さで町おこし 北海道・陸別 – 朝日新聞

Home » 町おこし » ラーメンも凍る…日本一の寒さで町おこし 北海道・陸別 – 朝日新聞
町おこし コメントはまだありません



 うちこそが日本一寒い町――。北海道東部の内陸のまち・陸別町の住民が、そう結論づけた論文を気象学会誌に発表した。40年近く前から寒さを楽しむイベントを開いてきた住民らは、過去10年の全国の冬の気象データを比較し、「日本一の寒さ」を裏付けた形だ。

 上空に強い寒気が入り込んだ1月下旬。気温は零下22度。「今夜はしばれる(寒い)ね」。陸別町の山あいで午後9時すぎ、男女約30人が直径2・5メートルほどの氷のかまくらに高圧洗浄機で水を吹きつけていた。

 2月4、5の両日、町では極寒を楽しむ催し「しばれフェスティバル」が開かれた。恒例のイベント「人間耐寒テスト」では、「バルーンマンション」と名づけられた氷のかまくら100個に約250人が一晩泊まり込んだ。

 フェスティバルが始まったのは1982年。当時、町商工会青年部にいた旅館業浜田始(はじめ)さん(66)が仲間らと手がけた。

 林業で栄えた町の人口は昭和30年代、9千人近かった。旧国鉄池北線・陸別駅は、高倉健さん主演の映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地にもなった。だが林業が衰退し、人口は約2500人に減った。

 一方、町では自動車メーカー数社が氷結した路面での走行試験をしていた。「寒さは町の資源になる」。そう感じた浜田さんは「日本一寒い町」をキャッチフレーズに打ち出した。

 90年に町民有志らで「陸別町…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら






コメントを残す