沖縄の音楽、飲食、物産が東京・代々木に集結 5月「OKINAWAまつり」県内からも出店募る – 沖縄タイムス

Home » 特産品 » 沖縄の音楽、飲食、物産が東京・代々木に集結 5月「OKINAWAまつり」県内からも出店募る – 沖縄タイムス
特産品 コメントはまだありません



 【東京】沖縄の音楽、飲食、物産を集めた「OKINAWAまつり2017」(主催・同実行委員会)が5月20、21両日、都内の代々木公園イベント広場で開かれる。今年で6回目。毎年来場者数が伸び、初夏の風物詩として定着しつつある。実行委の保母浩章委員長は「沖縄の元気と癒やしで包まれる。沖縄の空気を感じてほしい」と来場を呼び掛けた。

参加・出店を呼び掛ける実行委の保母浩章さん(左)と板倉俊輔さん=県東京事務所

参加・出店を呼び掛ける実行委の保母浩章さん(左)と板倉俊輔さん=県東京事務所

 EXILEなど有名アーティストの音楽ビデオの演出を手掛けてきた保母さん。東日本大震災後に沖縄を訪ねた際、ストリートライブを楽しむ人たちの笑顔を見て「震災で暗くなった東京に沖縄の笑顔を」と、同まつりを企画した。

 2012年の初回から沖縄の実力あるアーティストを招いて実施。来場者は初年の8千人から、昨年の5回目は21万人へ急増した。

 今年は公園内の使用スペースを倍に、ステージも三つにそれぞれ拡大。40万人の集客を目指す。飲食や物販も充実させる計画で、県内からの出店も募集している。出店募集は3月末まで。問い合わせは同実行委、電話03(6411)6831。






コメントを残す