インバウンドの負け組「セイコー」、勝ち組「ドンキ」の差 – ZUU online

Home » インバウンド » インバウンドの負け組「セイコー」、勝ち組「ドンキ」の差 – ZUU online
インバウンド コメントはまだありません



インバウンド,セイコー,ドンキ・ホーテ
(写真=cowardlion/Shutterstock.com)

中国人旅行客による「爆買い」が日本を席巻したのは2015年。すでに「爆買い」は今や昔、売れ筋は「高額嗜好品」から「実用消耗品」へ、「モノ消費」から体験型の「コト消費」へシフトしはじめた。インバウンドの新消費形態での勝ち組と負け組を、直近の決算から見比べてみよう。

テンバガー続出、15年のインバウンド関連相場

訪日外客数は13年が前年比24.0%増、14年が29.4%増、15年が47.1%増と加速した。15年の訪日外客数の伸びが驚異的だった上に、中国人旅行客は高級時計や高級化粧品などといった「高額嗜好品」を「爆買い」した。

株式市場では、インバウンド関連銘柄が大相場となりラオックス <8202> 、ドンキホーテHD <7532> 、象印マホービン <7965> などがテンバガーになるなど、インバウンド関連は一大テーマとなり賑わった。ただ、訪日外客数が16年には21.8%増とスローダウンしたことで、インバウンド関連は15年夏をピークに大きく調整している銘柄がほとんどだ。

観光庁が2月15日に発表した17年1月の訪日外客数は、前年同月比24.0%増の229万6000人となり、1月としては過去最高、単月としては16年7月に次ぐ過去2番目を記録した。今年は中国の春節(旧正月)の休暇が1月末から始まったため、16年の年間21.8%増や12月の15.6%増を上回っており、スローダウンしたと言ってもまだまだ高い伸びを示している。

訪日外客数は、政府が掲げる20年東京五輪時のインバウンド4000万人にむけて着実に増加しているといえるだろう。

負け組代表は百貨店、セイコー、ラオックス、勝ち組はドンキ

「高額嗜好品」の売れ行きダウンにより負け組の代表は百貨店。日本百貨店協会によると、2016年の百貨店のインバウンドによる購買客数は、18.5%増の約297万人と継続して拡大したものの、売上高は5.3%減の1843億円と減少した。16年の既存店ベースの年間売上は2.9%減なので、インバウンドのマイナス幅は既存店を大きく上回っている。

一方、ドン・キホーテHDは勝ち組だ。インバウンドの伸びがいまだに続いている。上期(7−12月)のインバウンドの売上は7.8%増と増収を続けている。インバウンドの既存店売上も4.0%増だ。

ドンキのインバウンド売り上げは、国内既存店売上の2.1%増をはるかに上回っている。訪日旅行客にとって、ドンキに来ることはアミューズメントセンターに行くといった体験型の「コト体験」に近いものとらえられている。

SNSなどでも口コミで拡散されており、リピーター人気も獲得しているようだ。ドンキの免税売り上げを商品別で見ると、インバウンドの消費志向の変化が明らかだ。高額品の「時計・ファッション」の売上構成比は、15年の2Q(10−12月)には49%に達していた。同期間の消耗品、実用品が多い「日用雑貨品」は32%、「食品」は11%だった。

それが足元の17年2Qでは「時計・ファッション」の構成比は25%に低下、「日用雑貨品」は48%、「食品」は17%に上昇している。日用雑貨品では特に化粧品と医薬品が好調だ。時計や家電がダメだということで、時計のセイコーHD <8050> 、家電量販店のラオックスなどは完全に負け組だ。

セイコーHDの17年3月期の3Q決算は売り上げが16.6%減、本業の利益を示す営業利益は58.7%減と大幅減収益だった。特にインバウンド需要の減退で、ウオッチ事業の売り上げは21.2%減、営業利益は52.3%減になっている。子会社で高級宝飾店を扱う銀座の「和光」の決算は赤字に転落した。

ラオックスは筆頭株主が中国系の企業になっており、国内最大の免税店としてインバウンドの「爆買い」のメリットを享受した会社だったが、16年12月期は売り上げが32.3%減となり営業利益は赤字に転落した。 インバウンドの財布のひもは固くなり、ラオックスでのインバウンドの平均購買単価は前期末平均3万3820円から当期末平均では2万2344円へと下落した。

ユニ・チャームは越境EC強化で勝ち組へ

ユニ・チャーム <8113> の決算は、16年12月期の売上は3.8%の減収、営業利益は2.1%減と減収減益となった。減収減益となったのはインバウンド需要が想定より落ち込んだため。実はユニ・チャームのインバウンド需要は、転売業者の買いが中心だった。転売業者が大量に買い、それを中国に持ち込んで売っていた。

ユニ・チャームが中国で構造改革をすすめ、ECチャンネルを充実させたことで、転売業者がインバウンドで買う必要性が薄れてきたのかもしれない。ユニ・チャームの17年12月期の会社予想では、営業利益は前期の783億円から840億円に増加する。日本の収益悪化をアジアの収益改善が補う予想だ。ユニ・チャームは、越境ECの進展でインバウンド関連でなく、中国での越境ECでの勝ち組として浮上しようとしている。

ホテルは引き続きメリットを享受

ワシントンホテルを経営する藤田観光 <9722> などのホテルは勝ち組だ。16年12月決算は売り上げ7.5%増、営業利益は43倍と好決算。さすがにインバウンドの伸びはスローダウンしてきており、単価の上昇も一服はしているが、高稼働率は続いている。今17年3月期も売上4.7%増、営業利益34.3%増と大幅増益予想だ。

インバウンドの「爆買い」のインパクトは一巡した。元安だったことや、越境ECが進捗しているといった構造変化も大きな要因となっている。しかし、まだまだ訪日外客数は20%を上回るペースで伸びている。東京オリンピックの2020年に向けて新たな勝ち組が生まれてくる可能性が高いだろう。

平田和生(ひらた かずお)
慶應義塾大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。国内外機関投資家、ヘッジファンドなどへ、日本株トップセールストレーダーとして、市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスをおこなう。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

【編集部のオススメ記事】
地方公務員の年収ランキング!1位は関西指折り高級住宅街の◯◯市?(外部)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
長いお付き合いだからこそ 良い太陽光投資の選び方(PR)
東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……
経済好調の米国、大手ウォルトン社開発の「大規模宅地」開発に1万ドルから投資(PR)




インバウンドの負け組「セイコー」、勝ち組「ドンキ」の差

ZUU online の最新記事を
毎日お届けします



コメントを残す