3月5日は三江線の日 川本町観光協会が廃線1年前イベント – 日本経済新聞

Home » 廃線・廃駅 » 3月5日は三江線の日 川本町観光協会が廃線1年前イベント – 日本経済新聞
廃線・廃駅 コメントはまだありません



 3月5日は、三江(さんこう)線の日――。島根県の川本町観光協会は広島県三次市と島根県江津市を結ぶ三江線の記念日を決め、宣伝用ポスターを作製した。2018年3月末に廃線となる同線の石見川本駅(川本町)周辺で「三江線引退まであと1年ミニイベント」を同日開く。

 三江線の写真や鉄道模型を展示し、えごまなど地元の特産品を販売する。西日本旅客鉄道(JR西日本)からイベント用のJR子ども制服を4着借りて写真撮影会を催す。

 石見川本駅に午後12時18分と午後1時43分に到着する便の乗客には三江線オリジナルクリアファイルを贈呈する。町観光協会の大久保一則氏は「廃線後もバスや自家用車で観光してもらえるよう、沿線の魅力をアピールしたい」と話している。






コメントを残す