民泊で統計にズレ? 16年外国人宿泊者数8%増どまり – 日本経済新聞

Home » 民泊 » 民泊で統計にズレ? 16年外国人宿泊者数8%増どまり – 日本経済新聞
民泊 コメントはまだありません



 観光庁が3日発表した2016年の外国人延べ宿泊者数は前年比8%増の7088万人だった。過去最高を更新したものの、訪日客数の伸び(22%)を大幅に下回った。住宅に有料で旅行者を泊める民泊の利用が増えたためとみられる。

 外国人宿泊者数は訪日客数と並行して増加し、12~15年は2~4割の高い伸びが続いていた。16年に急速に勢いが鈍ったのは統計に表れない「宿泊」の影響とみられる。宿泊統計の対象は旅館業法の許可を受けたホテルや宿泊施設。クルーズ船や夜行バス内の宿泊や民泊は含まない。観光庁は訪日客数とのズレは「ほとんどが民泊の影響ではないか」とみる。

 地域別では三大都市圏が4.8%増だったのに対し、その他の地方圏は13.2%増と大幅増。都道府県別の外国人宿泊者は青森、福島、岡山、香川、愛媛の各県などで伸びが3割を超えた。静岡や兵庫、山口など12県では前年を下回った。

 アジアからの旅行者には東京や大阪、北海道の人気が高かった。一方、欧米からの旅行者は東京に次いで京都に泊まった人が多かった。






コメントを残す