ふるさと納税の仕組みと始め方をわかりやすく解説! 自己負担額たった2000円だけで返礼品をもらう方法や通信販売並みに便利に使いこなすワザを一挙紹介! – ダイヤモンド・オンライン

Home » ふるさと納税 » ふるさと納税の仕組みと始め方をわかりやすく解説! 自己負担額たった2000円だけで返礼品をもらう方法や通信販売並みに便利に使いこなすワザを一挙紹介! – ダイヤモンド・オンライン
ふるさと納税 コメントはまだありません



いまや多くの人が活用するようになった「ふるさと納税」。今さらそのメリットや仕組み、始め方を知らないなんて恥ずかしくて言えない…。そんな方のために「ふるさと納税」の基本を紹介!

今回は、現在発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録「ふるさと納税 定番特産品ランキング50」から抜粋して、ふるさと納税の仕組みをわかりやすく4つのステップで解説しよう

【STEP1】住んでなくても出身地じゃなくても大丈夫!

自分で好きな地域を選んで欲しい特産品がもらえる!

 まずは、「ふるさと納税とはどんなもので、どんなところがお得なのか。実際始めるにはどうすればいいのか」といった基本事項を、5分で理解できるように、4つのステップで紹介していく。

 STEP1は、ふるさと納税の最大の特徴について。ふるさと納税の醍醐味といえば、なんといってもお取り寄せ感覚で各地の特産品をお礼としてもらえること。自治体が用意する返礼品は、その地を代表する高級食材や、その地以外、めったに他に出回らない希少品なども多い。

 自分で買うには躊躇するような高級品も、ふるさと納税なら気兼ねなく挑戦できる。地域に貢献できて、自分もうれしい、win-winな仕組みなのだ。

【STEP2】所得に応じた上限金額いっぱいまで寄付しよう!

自己負担額は2000円のみで、残りはすべて税金から戻る!

 ふるさと納税は、自分が応援したい自治体に寄付をすると、税制上優遇される仕組みだ。自治体に寄付をして、定められた手続きをとると、2000円以外全額が税金から戻る。ただし、全額が戻る寄付金額には上限があるので、注意が必要だ。詳しい仕組みや上限などは、この記事の後半で説明する。

【STEP3】受取日時や送り先を指定できるケースも!

通信販売並みに申込や入金が便利な自治体が激増中!

 最近は、多くの自治体が民間業者に申込から発送処理までを委託するようになった。使い勝手のよさでおすすめなのが、「楽天ふるさと納税」。楽天で買物をするのと同じ感覚で申込ができるうえ、楽天ポイントももらえてお得だ。

 ポイント制の自治体ばかり集まっているのが「ふるぽ」。寄付金額に応じて先にポイントをもらい、後から特産品を選べる仕組みで、年末の駆け込みには、特に人気だ。

【※関連記事はこちら!】

ふるさと納税の8大関連サイトを徹底比較! 最も便利なサイトはどこ?取扱い自治体数や特典は?ザイがおすすめするサイトはここだ!

【STEP4】 熊本や新潟など被災地への寄付も定着。

応援したい地域や用途を自分で選んで寄付できる!

 2016年も様々な災害、事故があったが、ふるさと納税は、応援の気持ちを表せる手段のひとつだ。熊本の地震や新潟の大火の後は、多額の寄付が集まり話題になった。

 またふるさと納税は寄付の使途を選べる。環境保護、子育て支援など選択肢から選ぶのが一般的だ。

 さらに最近は、自治体を通して、地域で熱心に活動するNPO法人の支援も可能なケースも。有名なのが「広島県神石高原町」の犬の殺処分ゼロ活動。自治体に寄付すると、5%が自治体、残りの95%がNPO法人に配分される。

 さて、ここまでは、ふるさと納税のキホンを駆け足で紹介した。今年こそ、ふるさと納税をやってみたくなった人もいるのではないだろうか。そこで、次からは、もう少し詳しいふるさと納税の仕組みと、寄付金のうち、2000円を超える分を全額取り戻すための「寄付金額の上限」について解説していく。

そもそも、なぜ寄付金額の大部分が戻るのか?

 「ふるさと納税は2000円の自己負担だけで、好きな地域の特産品がタダ同然でもらえる」と言われても、仕組みがよくわからないと半信半疑になってしまうかもしれない。

 ふるさと納税は、自分が居住する市区町村以外の自治体に寄付をする。寄付をして所定の手続きをすれば、2000円を除いた寄付相当額が、翌年以降に丸々税金から戻る。“ふるさと”と名前がついているが、出身地である必要はなく、好きな自治体を選んでいい。

 例えば納税者が好きな市や町に、合計10万円の寄付をしたとする。その場合、確定申告など必要な手続きを取れば、すでに納めていた所得税が現金で戻ってきたり、翌年以降の住民税が減額されたりするのだ。この「所得税から戻ってきた現金」と「住民税が減額された分」を足すと、「寄付した金額-2000円分」と同額になる。

 これだけなら、お金は「行って来い」になるだけで、金銭的なメリットはない。しかし最近は、寄付に対して返礼品がもらえる自治体が増えている。金銭的には2000円だけの負担なのに、それを軽く上回るほど特産品がもらえるからこそ、これだけ盛り上がっているというわけだ。

恩恵を受けられるのは「納税者」だけなので注意を!

 ただし、ふるさと納税で得するには条件がいくつかある。まず、お金が税金から戻る制度なので、恩恵を受けられるのは納税者だけだ。専業主婦や稼ぎのない学生は寄付して返礼品を受け取ることはできるが、戻ってくる税金がないので得はしない。

 次に、戻ってくるお金には上限が設けられている。税金を多く納めている人は控除の上限が高く、あまり納めていない人は控除の上限が低い。下図は、会社員の場合の年収(給与収入)別の控除の目安だ。納税額は扶養している人の立場や数でも変わるので、その要素も表に盛り込んでいる。

 例えば、年収400万円で独身の会社員なら、自己負担額が2000円で済む寄付の上限は「4万2000円」まで。また、年収800万円で専業主婦の妻と高校生の子がいるなら、11万円が上限だ。もし、上限額いっぱいの11万円を寄付したなら、特産品をたくさんもらった上に、税金から10万8000円戻ってくるということになる。

 注意したいのは、この表は「他に控除される事柄がない人」用に作っているということだ。例えば確定申告で医療費控除を受ける人、子や妻以外に親などを扶養している人などは、納める税額が抑えられるので、自己負担が2000円で済む寄付の上限も低くなる。

 この表に当てはまらない人は、「住民税額の2割」を目安にするといい。これは住民税の決定通知書などを見ればわかる。もし手元にないなら、役所で住民税の課税証明書をもらうなどして確認しよう。ただこれでわかるのは、昨年の所得に対する納税額だ。所得の変動が年によって大きい人は注意しよう。

 なお、ふるさと納税で得をするのは納税者だけではない。寄付先の自治体は、手間や特産品の代金などを差し引いても、かなりのお金を残すこともできる。財政的には大助かりだ。また、返礼品の需要で、地元企業が潤うのも大きい。直接の顧客獲得のきっかけになることも多く、地元企業が儲かれば地域の税収も上がる。

 唯一、損をするのは納税者の居住自治体。ただ東京都でも減収とはいえ、まだ財政に多大な影響を与えるには至っていない。今後の状況を注視したい。

ふるさと納税で注目の特産品がもらえる自治体は、

ダイヤモンド・ザイ4月号で紹介!

 今回紹介した記事は、ダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録「ふるさと納税 定番特産品ランキング50」から抜粋したもの。付録の中では、タイトルのとおり、定番人気の特産品がもらえる自治体をたっぷり紹介しているので、これからふるさと納税を始めたい人はもちろん、2017年のふるさと納税の計画を立て始めようという人にもおすすめだ。

 なお、ダイヤモンド・ザイ4月号の本誌は、今回も株式や投資信託などの最新マネー情報がてんこ盛り。大特集は「守りの高配当株&攻めの10万円株」と題して、プロが注目する銘柄を様々な切り口から紹介している。そのほかの株式の特集では、大株主の大量売却報道で話題となったあの話題の銘柄の緊急レポート、また銘柄選びと買いタイミングを徹底指南した「読者の持ち株メッタ斬り」企画なども掲載している。

 また、半年に一度の大人気企画「買っていい×買ってはいけない 毎月分配型投信の最新利回り&分配健全度」特集も、投資信託を売買する人なら必見! ダイヤモンド・ザイ4月号は、全国の書店やアマゾン楽天ブックスにて好評発売中!




【送料無料で今すぐ購入!(十数ページのチラ読みも可)】
楽天ブックスでの購入はこちら!
アマゾンでの購入はこちら!

【2年で5000円以上も得する定期購読で購入!】

ダイヤモンド・ザイ定期購読のお申し込みはこちら!
※関連記事⇒ダイヤモンド・ザイを一番安く買う方法とは? 最大約30%オフになる”裏ワザ”を紹介!

【ダイヤモンド・ザイ4月号からおすすめ記事をピックアップ!】
ふるさと納税して確定申告が必要になる人とは? 「ワンストップ特例」と「確定申告」の違いやそれぞれの注意点、用意すべき書類をまとめて紹介!

「配当+株主優待」利回り約9%の高配当株も発見! 相場が不透明なときでも株価が下がりづらく、高配当で使いやすい株主優待のある3銘柄とは?

株価急落のピンチをチャンスに変える準備をしよう! 2016年の株式市場を復習して、2017年にも必ず来る、世界的な株価の急落で儲ける投資テクニックを伝授!

10万円台で買える将来有望な「中小型株」を探せ! プロの目が届かないため、最高益を更新しても割安でライバルが少ない、注目の「中小型株」2銘柄を紹介

「利回り4%超」でプロおすすめの高配当株を紹介!無借金経営か配当性向30%台以下かなどをチェックして厳選した配当継続中の3銘柄とは?

ダイヤモンド・ザイ2017年4月号(2月21日(火)発売!)

ダイヤモンド・ザイ2017年4月号(2月21日(火)発売!)


*表紙が神田沙也加さんザイ4月号(定価730円)の大特集は「トランプから企業業績に目を移せ!守りの高配当株&攻めの10万円株」。トランプ発言で株価が揺れ動く今は、利回りで利益を確保し少額で値上がり益を積み上げるのがベスト。そのためには各銘柄の業績や配当&株主優待などの株主還元に注目すべき。慎重投資にピッタリの高配当株少額で買える株を厳選しました。このほか、大株主が保有株の大量売却を発表した「日本郵政日本マクドナルドHDなど人気株売買指南」から「個人投資家塩漬け株メッタ斬り」まで株の情報が満載です。さらに高値を更新したNYダウナスダックなど米国株大予測も。また、ザイのもう一つの柱でもある投資信託企画は減配と円安で揺れ動く毎月分配型投信最新利回りを大公開。販社の見せかけ利回りに騙されない本当の利回り分配健全度分配余力を合わせてチェックを。さらに、失敗しないための投資信託組み合わせ方も料理とスパイスに例えて解説しています。そして、今号の別冊付録は「今年最初に狙う&誰でも大満足ふるさと納税定番特産品ランキング」。まずはこの中から超オトクな特産品獲得を。このほか「住宅ローン教育費がカギ!老後のお金1億円は本当に必要か」「2大浪費を今すぐカット!保険料通信費ガッツリ削減テク」も必読です!

◆ダイヤモンド・ザイ4月号は、ネット書店や全国の書店にてお求めください。

 ⇒Amazonでの購入はこちら!(送料無料)

 ⇒楽天ブックスでの購入はこちら!(送料無料)

◆2年で5000円以上も得する定期購読もおすすめ!

 ⇒ダイヤモンド・ザイ定期購読のお申し込みはこちら!
※関連記事⇒ダイヤモンド・ザイを一番安く買う方法とは? 最大約30%オフになる”裏ワザ”を紹介!

◆電子版(kindlekobo)も発売中!
 ⇒電子版(kindlekobo)の購入はコチラから

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、

口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で

日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら



コメントを残す