震災対応分縮小、地域振興策に注目・岩手県新年度予算 – 47NEWS

Home » 町おこし » 震災対応分縮小、地域振興策に注目・岩手県新年度予算 – 47NEWS
町おこし コメントはまだありません



 東日本大震災から6年がたとうとしている中、岩手県が編成した2017年度一般会計当初予算案は、震災対応分が前年度当初に比べ24・0%縮小した。被災自治体は復興事業の進展に伴うものとして理解を示すが、一方では地域経済への影響を心配する声も聞こえる。達増拓也知事が「復興の先を見据えた地域振興につなげる」とうたう政策の実効性に、自治体や被災者は注目している。 当初予算案は総額9797億円(8・1%減)で、震災後の編成では初めて1兆円を下回った。うち震災対応分は3043億円(962億円減)。県によ…     [記事全文]

2017/03/04 08:50 【デーリー東北】 







コメントを残す