東海第二再稼働問題 住民投票は「責任放棄」 村長、実施しない考え – 東京新聞

Home » 住民投票 » 東海第二再稼働問題 住民投票は「責任放棄」 村長、実施しない考え – 東京新聞
住民投票 コメントはまだありません



 東海村の山田修村長は五日、日本原子力発電(原電)東海第二原発の再稼働の是非を問う住民投票について「私の責任の放棄になる」と実施しない考えを明らかにした。原発の過酷事故に備える広域避難計画案の村民説明会で発言した。

 住民から「東海第二原発の再稼働を問う住民投票を行わないのか」という質問に対し、山田村長は「みなさんに判断を投げてしまうのはどうかと思う」と回答。異なる意見を持つ住民同士が冷静に話せる機会を設けることは難しい、とした上で、住民の代表である村議会での議論を重視するとした。

 一方で、「村長と議員だけで決めるのはよくない」とし、住民アンケートや、村長自ら地域に出向いて意見を聞くなど、住民投票とは別の方法での意見集約をするとした。

 閉会後、取材に応じた山田村長は「避難計画など、何も示せない中で、(住民投票の実施は)考えられないし、将来的にも考えていない」と話した。 (山下葉月)

この記事を印刷する






コメントを残す