府内外へふるさと納税2倍で 府民税18億円減も – 大阪日日新聞

Home » ふるさと納税 » 府内外へふるさと納税2倍で 府民税18億円減も – 大阪日日新聞
ふるさと納税 コメントはまだありません



大阪ニュース

2017年3月7日

 ふるさと納税制度を巡り、自治体で過熱する返礼品競争に関し、大阪府は6日、2016年度に府民が前年度の2倍の寄付を府内外の自治体に行った場合、府民税の減収額が約18億円に上るとの試算を明らかにした。府議会で大阪維新の会の金城克典議員の一般質問に中野時浩財務部長が答弁した。


 金城議員は、菅義偉官房長官が2月の記者会見で、16年度の全国のふるさと納税の寄付額が前年度の2倍程度になるとの見通しを示したことを挙げ、府への影響を質問した。

 中野部長は、2倍の寄付が行われた場合を想定した影響額を明らかにした上で「制度の趣旨は理解するが、返礼品の在り方は一定の歯止めが必要だ」との見方を示した。松井一郎知事は「制度としては認めるが、逸脱するやり方は国に問題提起すべき」と答え、高市早苗総務相の改善策を注視するとした。





大阪ニュース



コメントを残す