東京メトロ、訪日外国人を対象とした音声翻訳デバイス「ili(イリー)」の実証実験を実施 – トラベル Watch

Home » インバウンド » 東京メトロ、訪日外国人を対象とした音声翻訳デバイス「ili(イリー)」の実証実験を実施 – トラベル Watch
インバウンド コメントはまだありません



「ili」(イリー)の駅構内での使用イメージ

 東京メトロ(東京地下鉄)とログバーは3月6日、ログバーが開発した音声翻訳デバイス「ili(イリー)」を活用した旅客案内の実証実験を行なうと発表した。

 イリーは、旅行会話に特化した音声翻訳デバイス。インターネット接続の必要がなく、本体に直接話しかけると、瞬時に英語、中国語から日本語、もしくは日本語から英語、中国語への音声翻訳が可能となる。

 東京メトロでは、3月13日に銀座駅の旅行案内所、3月18日に明治神宮前(原宿)駅・副都心線改札口にイリーを設置、訪日外国人旅行客に対する実際の旅客案内の場面で、イリーがサービス向上に有効であることを検証する。実施時間はいずれも10時から12時。

 この実証実験は、2016年10月から12月にかけて実施した東京メトロのオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2016」のパイロット施策の第1弾として行なわれるもので、実施状況によっては、実験日、時間帯、場所などの追加を検討していくという。




音声翻訳デバイス「ili(イリー)」



コメントを残す