全国初 廃線になった区間が復活「可部線」住民歓喜 – ニフティニュース

Home » 廃線・廃駅 » 全国初 廃線になった区間が復活「可部線」住民歓喜 – ニフティニュース
廃線・廃駅 コメントはまだありません



全国初 廃線になった区間が復活「可部線」住民歓喜

わずか1.6kmだが、廃止区間が復活した ※この画像はサイトのスクリーンショットです(JR西日本公式サイトより)

JRのローカル線の廃止が各地で議論されるなか、一度は廃線になった路線の一部区間が復活するという非常に珍しいケースが広島県で実現した。

復活したのは、JR可部線の可部駅〜あき亀山駅間だ。可部線はかつて、広島駅〜三段峡駅を結んでいたが、盲腸線(=ほかの路線に接続せず、行き止まりとなる路線)の先端部分となる可部駅〜三段峡駅間(46.2km)が2003年に廃止になった。しかし沿線住民の要望により、廃止になった区間のうち1.6kmの延伸が実現。「河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅」「あき亀山駅」という2つの駅が設置され、3月4日に鉄路が復活した。

都心部で毎朝繰り返される地獄のようなラッシュとは対照的に、JRのローカル線の経営は苦境に立たされている。JR北海道は昨年11月、全営業区間のおよそ半分に及ぶ10路線13区間(1237.2km)について、「当社単独では維持することが困難」と、発表。昨年12月には留萌本線の一部区間が廃止となった。広島県内でも、三次駅(広島県三次市)と江津駅(島根県江津市)を結ぶ三江線(108.1km)が来年4月1日に廃止になる。

そんななかでの可部線延伸のニュースに対し、ツイッターには、

「嬉しいニュースですね 廃線が復活するなんて 廃線が目立つニュースの中、廃線復活は喜ばしいことです」
「周辺住民らの強い要望が実を結んで良かったですね。素晴らしいことですよ」
「可部線、なくなるのかと思いきや延伸とは。喜ばしいニュースである」
「利用者が減り廃止されてしまう路線も多いけど、こうして復活することもあるんだ。嬉しいニュースだね」
「三段峡まで全線運行していた頃の元沿線住民です。 感無量……涙が出ました。良かった良かった」
「廃線復活の前例を作ったからこれを機に復活する路線が出てくればいいなぁ」

といった声が登場。喜びの声が多数投稿されている。ただし一部では、

「三江線が廃線に向かう一方、可部線は一部復活と。難しいもんやね」
「本日の可部線の延伸で新規開業した駅の路線運賃案内図に、一年後の3月末で無くなる三江線が入ってて物凄い温度差を感じる」
「可部線延伸開業!でも三次の人たちはどんな気持ちで見てんだろ…」

と、可部線と三江線の明暗に思いを馳せるコメントも見られる。

先日、麻生太郎財務大臣がJR北海道について「黒字のJR東日本と合併したらどうか」と提案し、話題になったばかり。地方ローカル線問題に関する議論は、当分続くことになりそうだ。
(金子則男)

※当記事は2017年03月07日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。






コメントを残す