小池知事 都議選盛り上げるべく豊洲移転住民投票画策か – エキサイトニュース

Home » 住民投票 » 小池知事 都議選盛り上げるべく豊洲移転住民投票画策か – エキサイトニュース
住民投票 コメントはまだありません



 7月2日投開票の東京都議選「自民党惨敗」の予測に衝撃が走っている。〈自民党は“善戦”でも現有の57議席から20以上減らす〉──自民党選対本部から官邸にそんな見通しが伝えられているのだ。そこで、官邸では小池新党の大旋風にカウンターパンチを浴びせる秘策が練られている。「7月総選挙」だ。まだ全国的に安倍内閣は高い支持率を誇り、いま解散を打てば自民党の敗北はまず考えられない。メディアもそちらに注目することで、「小池新党vs都議会自民党」の局地的対立構図をウヤムヤにできる。

 安倍自民が“都議選隠し”のために解散をぶつける気なら、一方の小池知事の側にも都議選をよりドラマチックな「劇場型選挙」にするカウンターパンチがある。築地市場の豊洲移転「イエスか、ノーか」を都民に直接問う住民投票の実施だ。

 小池氏は今年1月の政治塾「希望の塾」の講演で豊洲移転問題について、「みなさん方にも判断に参加していただく」と語り、都議選出馬を希望する塾生の選抜試験で「住民投票」をテーマにした。その上で都議会での施政方針演説(2月22日)では、「(移転は)都民の意見も参考に総合的に判断する」と表明した。都庁関係者が語る。

「攻勢に出ているように見える知事だが、市場移転問題では“前門の虎”と“後門の狼”に挟まれて身動きが取れなくなっている。これだけ豊洲移転の責任追及を煽っておいて、『やはり豊洲に決める』といえば支持派の都民の失望を招く。






コメントを残す