【ハザードマップ】イベント延期で返金トラブル 大東物産/ニュートンプレス (1/3ページ) – SankeiBiz

Home » 特産品 » 【ハザードマップ】イベント延期で返金トラブル 大東物産/ニュートンプレス (1/3ページ) – SankeiBiz
特産品 コメントはまだありません



 ▼大東物産 大東物産は2月20日、東京地裁から破産開始の決定を受けた。同社は東京オリンピックに向けて日本・全国各地のグルメを世界に発信していくことを目的としたイベント「グルメンピック」の開催を目指し事業を開始。「グルメンピック2017」を東京都調布市の味の素スタジアムで、「大阪グルメンピック2017」を舞洲スポーツアイランドでそれぞれ開くとして全国の飲食店を中心に参加者を募集。先着申込には出店料20万円、その他は40万円を設定し、1月23日に大阪、1月24日と25日は東京で説明会を実施する予定だった。

 しかし1月17日に説明会とイベントの開催日程の延期を発表。会場運営などの請負会社の急なキャンセルで、事故や災害を事前に防ぐことが困難となったことを理由に挙げ、イベントを見直して実施は8月末から遅くとも9月初旬に開催するとし、2月末までに出店料を返金するとした。だが出店予定者と返金に関するトラブルが発生。一部は警察に相談していた。破産管財人によると「破産申請時点の資産は現預金1712万円しかなく、債務超過のようだ。出店料など資金の流れの調査を進めていく」としている。






コメントを残す