白糠バイオ発電所着工 神戸物産、来年稼働目指す – 北海道新聞

Home » 特産品 » 白糠バイオ発電所着工 神戸物産、来年稼働目指す – 北海道新聞
特産品 コメントはまだありません



 【白糠】業務スーパー経営の神戸物産(兵庫県)は9日、釧路管内白糠町庶路の釧白工業団地内で「白糠バイオマス発電所」の起工式を行った。釧路管内から集めた間伐材をチップにした木質バイオマスを燃料に使う。出力は6250キロワット。2018年6月の稼働を目指す。

 約12ヘクタールにボイラー棟、タービン棟、チップ保管庫などを建てる。総事業費40億円。完成後、設備の維持・管理は同社の100%子会社、エコグリーン白糠(白糠町)が担う。5700キロワットは北電に売電し、残りは発電所内で活用する方針。余熱を使って敷地内でシイタケの菌床を作り、町内の農業者などに供給する計画もある。






コメントを残す