都議選と総選挙、豊洲移転問う住民投票のトリプル選も 石原伸晃・宏高 … – ニフティニュース

Home » 住民投票 » 都議選と総選挙、豊洲移転問う住民投票のトリプル選も 石原伸晃・宏高 … – ニフティニュース
住民投票 コメントはまだありません



小池知事 反石原を鮮明にしたら宏高、伸晃氏も落選危機

石原慎太郎氏の2人の息子たちの当落も左右

 7月2日投開票の東京都議選に合わせ総選挙、そして築地市場の豊洲移転を問う住民投票のトリプル選挙が行われるという観測が浮上している。都議選での「自民党惨敗」予測を受けた官邸が、争点隠しのために総選挙をぶつけ、そこに小池百合子都知事が住民投票のカウンターで返すという構図だ。

 首都のトリプル選挙は“役者”も揃っている。豊洲移転が最大の争点になれば、総選挙の最注目ポイントの一つは都議会の百条委員会で証人喚問される石原慎太郎・元都知事の2人の息子たちの当落。長男の石原伸晃・経済再生相(東京8区)と三男の石原宏高氏(東京3区)の選挙区だ。

「(小池氏が率いる)都民ファーストの会のターゲットはあくまで都議選で、トリプル選挙になっても小池氏が新党を旗揚げして国政進出するとは考えにくい。しかし、石原兄弟は別。小池氏は“都議会のドン”こと内田茂・都議とともに都連を仕切ってきた前自民党東京都連会長の伸晃氏に刺客候補を立てる可能性があるし、宏高氏の選挙区では対立候補で民進党保守派の松原仁氏の支援に回るのではないか」(小池氏に近い自民党議員)

 小池氏が国会の拉致議連副会長だった時代に松原氏が事務局長代理を務めるなど2人は親交があり、2月1日には松原氏が会見で「小池知事を全面的に支持する」と表明している。小池氏が反石原を鮮明にすれば、選挙に弱い宏高氏ばかりか、過去9回連続当選の伸晃氏も落選危機だ。

 自民党側からすれば同日選は、“負けを最小限に留める”という意味合いがあるが、その策によって逆に落選危機に陥る犠牲者も出るわけだ。

 東京1区も波乱含みだ。今年2月に行なわれた千代田区長選で自民党候補がトリプルスコアで大敗した後遺症で本来なら自民大苦戦の選挙区。一方、民進党候補(選挙区支部長)は落選中の海江田万里・元代表だが、衆院への鞍替えを表明している蓮舫代表の出馬説が根強い。

「その状況を象徴的な選挙区とみて小池氏がピンポイントで独自候補を立てれば、民進党は『代表落選』という事態があるかもしれない」(同前)

 豊洲(江東区)が選挙区の東京15区の候補者はもちろん、東京の25選挙区すべてで候補者は豊洲移転に賛成か反対か、旗幟鮮明にせざるを得なくなる。

 悩ましいのは公明党だろう。同党にとって都議選は「国政選挙以上に重要」とされ、全国から支持者が応援に入ることで知られる。過去6回の都議選は候補者全員を当選させた。

 ところが、小池氏の都民ファーストの会が大量の候補者を立てた場合、「3議席減」という予測もある。公明党は都議会での自公連携の解消を表明して小池支持に回ったが、太田昭宏・元代表が出馬する東京12区をはじめ衆院選では自民党と選挙協力を組む。

「都議選では反自民、総選挙は親自民」というねじれた対応を迫られる公明党の支持者の混乱は必至だ。

 小池氏と足並みを合わせて豊洲移転問題を追及している共産党も、「豊洲批判票」を都民ファーストの会に奪われて都議選も総選挙でも苦戦を免れそうにない。

 小池旋風と解散風という2つの台風に飲み込まれ、東京には混沌と混乱が巻き起こる。

※週刊ポスト2017年3月17日号






コメントを残す