ニトリ会長 夕張再生、不可能で壮大な長期ビジョンを – 日本経済新聞

Home » ふるさと納税 » ニトリ会長 夕張再生、不可能で壮大な長期ビジョンを – 日本経済新聞
ふるさと納税 コメントはまだありません



ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長

 1997年11月に北海道拓殖銀行が破綻して以来、長い低迷から抜け出せずにいる北海道。その象徴が10年前、財政破綻した夕張市だ。一方、67年に「似鳥家具店」として北海道で産声をあげ、今や国内最大手の家具小売店に成長したニトリホールディングスは、北海道企業のフロントランナーとしてひた走る。「北海道への恩返し」と似鳥昭雄会長は昨年、企業版ふるさと納税の第1号として夕張市に5億円の寄付を表明。きょうも「ロマン」を追いかける似鳥会長の視線の先には、景気低迷にあえぐ北海道の再生がある。

■雇用も生み出してほしいが

 ――夕張市は再生計画を見直しました。緊縮財政一辺倒でしたが、113億円の新規事業を実施します。ニトリは企業版ふるさと納税以前から、10年にわたり夕張を支援しています。夕張の現状をどう見ていますか。

 「やっぱり難しいよね。札幌から1時間30分かかる陸の孤島で、目立った観光もない。ただ、今の若い鈴木直道市長が市政を引き継いで、やりくりしながらも順調に再建しているし、よく努力していると思う」

 「夕張は山あいにあるうえ、人口に比べて広い場所に人が住んでいる。公共の水や電気など、あらゆるものの経費がかかるから、宅地を集約する施策は非常にいい。今回、我々の寄付したお金で市民の皆さんが集まれる(子育て支援などの)施設ができるのはいいことだとも思うが、本音をいうと観光など、何か人を呼ぶようなものや雇用を生み出せる何かに使ってほしいと思っていた。それが少し残念」

 「国や地方が苦しんでいるのも同じだと思うけど、夕張が破綻したのも箱物をつくりすぎたから。同じお金を出すなら人を将来呼ぶようなものがいいと思った。ただ市長は、今は住民の集まる場所がないので、それをつくりたいということで。今の夕張は攻めるより維持や住民の便利さを優先するということだと理解した」

■北海道への恩返し

 ――企業版ふるさと納税で、ニトリの5億円は制度が始まって以来、最大規模です。なぜ寄付を決めたのですか。

 「ニトリは北海道に育ててもらった。夕張の破綻は北海道の低迷の象徴。10年前、破綻のニュースを聞いて非常に驚いたし、残念だった。夕張に寄付するのは北海道への恩返しの1つかと思った。明るいニュースを届けるには早いほうがいいと、第1号になることを決めた」

 ――企業版ふるさと納税の普及が進んでいません。どう感じていますか。

 「地方自治体に企業が寄付できる仕組みはいいね。何より、広く浅く寄付するよりも、(ある地域に)集中して寄付できるのがいい。この10年、総額で100億円ほど寄付している。北海道中心だが、東日本大震災では30億円ほど寄付した。熊本の地震でも、お金より毛布や寝具のほうがいいと何万枚も被災地に送った。もうけている企業が利益の一部をお返しする、というのは欧米では普通だけど日本ではなかなか根付いていないよね」

夕張市の鈴木直道市長

 ――東京都職員だった鈴木市長を、就任時から支援しています。

 「東京からきた若い青年が、何もわからないところで市長となってやっていく、この思いに感動した。そんな若者が北海道のためにやろうとしてくれているのに、北海道にいる我々が何をしているのだろうかと。だから、彼と夕張市の応援をしたいと思うようになった」

 「ニトリの企業理念は『ロマンとビジョン』。鈴木市長も夕張を再生したいというロマンがある。35歳の鈴木市長は、私たちにとっては子供みたいなもの。よく夫婦で東京や札幌で食事したり、相談にも乗ったりしている。長期ビジョンを立ててやったらいいんじゃないかとアドバイスした」

■自治体運営も長期のビジョンを持て

 ――夕張の再生もそうですが、大きな夢を描き、実現するために必要な心構えとは何ですか。

 「私が会社を始めたとき、日本人の暮らしは欧米からみたら50年遅れていた。とにかく、欧米に追いつけ追い越せという思いだ。27歳のときに30年の計画を立てた。それを達成したら第2期の30年計画。それを達成したらまた30年。生きている間中、計画を立てる。長期ビジョンというのは最低でも20年、30年なんですよ。中期は10年。小さいビジョンはさらに10年を3年ごとに区切る。30年、10年、さらに3年、1年と小さなビジョンに落とし込む。1年は4回にわけ、第1四半期から第4四半期まで、目標に対するあるべき数字をあてはめていく。ただし、『こうしたい』という壮大なビジョンは、不可能なものをたてないと」

 「夢のような、誰もができないだろうというのがビジョン。できるのはビジョンとはいわない。だから、鈴木市長にも大きなビジョンをつくったらと話した。『夕張市を再生する』というのがロマンであり、志であるなら、30年、20年、10年ごとに何をどうするかがビジョンだ」

 「私は国だろうと自治体だろうと、何事もリーダーは自分がいつまでやるのかわからず、途中で引き継ぐとしても将来のビジョンを立てるべきだと思う。会社の経営と同じようにね。しかし、自分の任期中のことだけを考える人が多いね」

■夕張の再生事業「私ならできない」

 「鈴木市長にも会社の経営と同じように自治体の運営をやったほうがいいと話した。予算も使い切らず、カネを残して生き残るために投資するというやり方でないとまずいと思う。しかし、夕張の場合は難しい面もある。借金がたくさんあるからね。辛いと思いますよ。我々企業なら、未来のために借金してまた、回収して大きくする。夕張はただ借金を返すだけ。そんな人生くじけそうになるよね。私だったらできない」

 「奥さんもよくやっていると思う。鈴木市長の給与は手取りで月20万円もないのだから。夕張を再生させたら、本当に映画になるね。そして、大きな、不可能なビジョンを達成するには、かならず応援する人たちが必要なんです。私も、そのうちの一人ということだね。私はお金だけだけれど、私が応援することで周りの機運が少しでも高まるのではないかと思う。これからも力になるには、少しでもニトリが大きくなってもうかるしかないよね」

■いつも100倍発想でいけ

 ――拓銀破綻後、北海道経済の低迷が続きます。唯一、全国区の大企業に飛躍したのはニトリぐらいです。心の支えは何だったのですか。

 「渡米して、米国の豊かさを見たことが大きい。米国人にできて日本人にできないことはないと思った。私は1円も金がなかったけれど、売り上げや利益よりも人々が喜んでくれるものをつくろうと志をもって進めば道は開けると信じていた」

 「まだ札幌に2店舗建てただけのころだが、4つのビジョンを立てた。1つ目に北海道でチェーン展開、2つ目に全国展開。3つ目は、借金だけでは急成長しないから上場すること。4つ目は、100店舗と1000億円の売り上げです。当時の売り上げは、2、3億円だったのだから、500倍発想だ。普通、不可能でしょう。私はいつも、(リーダーは)100倍発想でいけと話している」

■北海道の経営者で満足しない

 「私は北海道の経営者にはいつも、本州に出て行けといっている。北海道にいたらじり貧になってしまう、地方の豪族になるな、本州に出て日本一を目指せと話すのだが、なかなか我々のあとに続かない」

 「最近、『アイン薬局』を展開するアインホールディングスが調剤薬局日本一になった。彼らは、一時経営が危なくなり、ニトリに資本金入れてくれといってきた。私からの条件は、ホームセンターなど無駄な事業をやめて、調剤とドラッグストアにしぼることと、仕入れを自分たちでやること。利益率が全然違うからね。彼らは今もその条件を守っている。若手後継者の発掘も社会貢献の一つだと思っているけれど、難しいね。40歳代、50歳代が続かない。こればかりは首に縄つけてやっていくわけにはいかないし」

■世界に向けて北海道を発信

 「相談にきたらいつでも相談にのるし、力を貸すよといっているのだけど。この間も道内の一流企業の二代目20社ほどに話したが、相談にきたのは1社だけ。彼は『日本一になりたい』といっていた。北海道にいれば、(その地域の)一流だから、居心地がいい。でも日本からみたら小さなものですよ。北海道がもっと活躍するには、華僑のように北海道の人が全国、全世界に出て行って、お互いに助け合うコミュニティーをつくればいいと話しているのだけど、なかなか動かない。仕方ないから、自分だけはどんどん道を切り開いて世界に向けて、北海道のことを宣伝していく。去年、小樽にニトリ小樽芸術村をつくった。観光スポットの一つになればいいんじゃないかな」

似鳥昭雄(にとり・あきお)
 1966年北海学園大経卒。67年似鳥家具店創業。72年に株式会社化し、78年社長。2016年2月から現職。17年2月期に30期連続の営業最高益を見込む。73歳

(松本千恵)

「ニューススクール」は随時掲載です。

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。






コメントを残す