桜の名所でもある、日本最初の博覧会を開催した場所とは? – ニフティニュース

Home » パワースポット » 桜の名所でもある、日本最初の博覧会を開催した場所とは? – ニフティニュース
パワースポット コメントはまだありません



桜の名所でもある、日本最初の博覧会を開催した場所とは?

湯島聖堂の大成殿(孔子廟)

 徳川5代将軍綱吉の功績の中に、「昌平坂学問所の整備」をあげてもよいのではないかと思っている。この学問所は、幕府直轄の学び舎として教育体制確立の一助となった。現在は湯島聖堂と呼ばれているが、東京大学やお茶の水大学などの前身でもあることから、受験生が合格祈願に訪れる参拝場所として知られている。

●日本政府初参加の万博成功と悲劇

 3月10日は、湯島聖堂で日本最初の博覧会「湯島聖堂博覧会」(明治5年)が開催された日である。この博覧会は、翌年開催される「ウィーン万国博覧会」へ出品予定だった品々を展示したもので、当初20日間の会期予定だったものが、あまりの人気に4月末まで延長されたという。

「ウィーン万国博覧会」は日本政府が初めて公式参加し、日本館が建設された国際的な博覧会だ。浮世絵、工芸品、陶磁器など美術品の屋内展示だけに留まらず、屋外には神社や日本庭園、名古屋城の金鯱(きんのしゃちほこ)なども製作・配置され、高い評価を受けた。これを機に日本人による商社も設立、輸出貿易の振興に寄与したイベントと位置づけられている。

 余談だが、実は「ウィーン万国博覧会」から出展物の半分以上は戻らなかった。明治7年、出展物と乗客を乗せ日本へ向かったフランス郵船ニール号は、伊豆半島沖で難破、192箱の出品物のうち68箱は翌年引き上げられたが、残りは今なお海の底である。南伊豆の海蔵寺に、この海難事故で亡くなった人の慰霊塔が残されている。

●日本最古の博物館

 その後、ウィーンから戻った品々だけでなく、海難事故を聞いた英国の博物館からお悔やみとともに贈られたヨーロッパの美術品を、日本国内で披露しようと、展覧会が場所を変えながら度々開催されるようになる。

 明治14年になり上野寛永寺の本坊跡地に、東京国立博物館の元となる本館が完成、収蔵品はようやく落ち着き場所を得る。残念ながら関東大震災でこの時の建物は大破、現在の本館は昭和13年に竣工(しゅんこう)したものである。

 このような経緯から、東京国立博物館の創設は「湯島聖堂博覧会」が行われた明治5年、現在では本館・表慶館・東洋館・平成館・法隆寺宝物館・黒田記念館の6つの展示館を持つ日本最古、そして日本最大の博物館として存在感を示しているのである。

●アートに囲まれた花見も

 国宝88件と重要文化財634件(2017年3月現在)を含む、収蔵品の数は約11万6000件以上で、年間の展示替えは300回余りという(「点」ではなく「件」なのは複数の収蔵物がひとつの美術品を構成する場合もあるため)、膨大な宝物を所持する東京国立博物館はトーハクの愛称でも親しまれている。年間3〜5回の特別展のほか「特別公開」や、収蔵品をテーマで展示する「特集」も行われている。

 今年も「博物館でお花見を」と題した、毎年恒例の桜にちなんだ展示イベントが、3月14日(火)〜4月9日(日)に開催される。本館北側に広がる庭園は実は桜の名所としても知られるスポットなのだ。もちろん上野公園で満開の桜を見て、トーハクで桜に彩られたアートを鑑賞するのも、一興である。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)






コメントを残す