物産展などで活用、網走で流氷200トン陸揚げ – 読売新聞

Home » 特産品 » 物産展などで活用、網走で流氷200トン陸揚げ – 読売新聞
特産品 コメントはまだありません



 北海道網走市は10日、天都山展望台・オホーツク流氷館での展示、道内外での観光プロモーションや物産展などで使う流氷の塊約200トン(推定)を網走港に陸揚げした。

 流氷観光砕氷船「おーろら」に先導された作業船が8日に網走沖約9キロで採取した。

 クレーンを使って陸揚げされた流氷の塊は1週間ほど、岸壁に置いて海水が抜かれる。その後、展示・保管のため、オホーツク流氷館や網走第一水産加工業協同組合に搬入される。

 陸揚げを見守った市観光課の職員は「かなり厚みがある流氷を確保できた。観光客に楽しんでもらえそう」と話していた。






コメントを残す