小舟遊覧で観光誘客を図る 白河・南湖公園に新桟橋が完成 – 福島民友

Home » 観光 » 小舟遊覧で観光誘客を図る 白河・南湖公園に新桟橋が完成 – 福島民友
観光 コメントはまだありません



 白河市の「名勝・南湖公園」の行楽の一つ小舟の遊覧のための桟橋が、20日までに完成した。16日、同所で式典が行われ、関係者がさらなる観光誘客を願った。

 同公園にはこれまで、桟橋が数カ所設置されており、周辺の飲食店がそれぞれ管理していたが、老朽化や利用者の減少のため1橋に集約。今後は、組合の南湖共栄会(きょうえいかい)が持ち回りで小舟の遊覧の運営などを行う。完成した桟橋は、景観への配慮のためクリやヒノキなどを使用した木造とし、総工費は約430万円で、市が約280万円を補助した。

 式典では、南湖神社の中目公英宮司が神事を行い、出席した鈴木和夫市長と南湖共栄会の竹内政美さん、金沢富士子観光課長が玉串を奉納した。鈴木市長は「桜の季節に南湖公園に来て、風情ある景色を小舟から楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。小舟の運営は4月から開始する予定。






コメントを残す