「東京タラレバ娘」今夜の最終回を前に全話紹介! – asahi.com

Home » 町おこし » 「東京タラレバ娘」今夜の最終回を前に全話紹介! – asahi.com
町おこし コメントはまだありません



 日本テレビ系「東京タラレバ娘」(水曜午後10時)が22日、ついに最終回を迎える。

 吉高由里子(28)演じる30歳独身の売れない脚本家・鎌田倫子、栄倉奈々(29)演じるネイリスト山川香、大島優子(28)演じる居酒屋の看板娘・鳥居小雪の、タラレバ娘3人の“タラレバ恋愛”の軌跡と、放送直前の最終回のあらすじを一挙、紹介する。

 <1話>倫子と香、小雪は、小雪の実家の居酒屋呑んべえで、好き勝手言いながら飲むのが1番の楽しみだが、その最中、イケメン金髪男KEY(坂口健太郎)から「一生、女同士で、たら、れば、つまみに酒飲んでろ」となじられ、打ちのめされる。そんなある日、倫子は、ドラマ制作会社のADだった8年前にフッた、プロデューサーの早坂哲朗(鈴木亮平)に食事に誘われた。告白されると期待したが、早坂から若手ADの芝田マミ(石川恋)が好きだと言われ、揚げ句に2人から付き合うと報告を受け、どん底に突き落とされる。

 <2話>倫子は自分たちを「タラレバ女」と名付けたKEYが、雑誌に人気モデルとして掲載されているのを見てショックを受ける。また小雪はKEYが墓参りしている姿を偶然、目撃する。ある日、倫子は早坂から、新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われ、香と小雪を連れて行く。そのギタリストは、香が昔付き合っていた鮫島涼(平岡祐太)だった。再会を喜ぶ香だったが、涼にモデルの彼女がいると知り、がくぜんとする。一方、倫子も早坂から、新ドラマの脚本から降ろされたと伝えられる。マミから、代わりに脚本を担当する若い脚本家の笹崎まりか(筧美和子)が、女の武器を使って仕事を取ったと聞かされ、真相を究明しようとしたが、実力で負けたと知り、自己嫌悪に陥る。呑んべえで酒におぼれ、酔いつぶれ、KEYに家に送ってもらった揚げ句、一夜をともにする。香も涼と一夜をともにするが、忘れようと決意する。

 <3話>倫子はKEYが自分と一夜をともにした本意はおろか、本名も連絡先も知らないことに悶々として、香と小雪を呼び出す“第4出動”を発令し“タラレバ話”を展開する。3人で呑んべえに飲みに行く途中、小雪は坂道で落とした野菜を拾ってくれたサラリーマン丸井良男(田中圭)に一目ぼれする。その後、倫子は仕事の売り込みに行った早坂の会社でKEYに出会い、倫子が脚本を降ろされたドラマ「恋するシーズン」に出演すると聞くが、肝心の本心は聞けなかった。公園で再会した時に、本名を聞くことはできたが、「あんたとは恋愛できない」と言われ、ぼうぜんとする。

 <4話>倫子は、小雪が高級バレンタインチョコを購入している姿を目撃し“第4出動”を発令。小雪は妻帯者の丸井と不倫すると告白し、香も涼に彼女がいることを承知で関係を続けると告げる。その後、倫子は1人焼き肉に興じる中、女性連れのKEYと遭遇。いたたまれずに店を出て、呑んべえに行くが、商店街の抽せん会で温泉宿泊券を当てて、丸井と行こうと喜ぶ小雪に八つ当たりした揚げ句、香と小雪とケンカしてしまう。2人が恋愛を始めたことへの嫉妬だったが、1人になってみて香と小雪の大切さを思い知る。その中、丸井と温泉旅行に行ったはずの小雪に温泉に呼び出される。倫子は香と温泉に行き、小雪から旅行をドタキャンした丸井に、子どもがいたことを知ったと打ち明けられる。

 <5話>倫子は仕事も恋も失い、最低の気分の中、スーパーで長身のイケメンバーテンダー・奥田優一(速水もこみち)と出会い、ひかれる一方、呑んべえでKEYから「結婚は夢ではなく現実だ」と突き放され、結婚していた過去があると告げられ、仰天する。その後、早坂から「恋するシーズン」の脚本家が倒れ、急きょ、コンペ形式でピンチヒッターを探すと連絡を受け、不眠不休で脚本を書くが、落選。ショックのあまり、奥田のバーに足を運び、食事をして急接近。水族館にデートに行き「好きです」と交際を申し込まれ、OKする。一方、小雪は丸井との関係を断ち切ろうとするが、逆に呑んべえの外で抱き合ってしまう。香も涼との関係を続けないようにと思いつつも、メッセージに心が揺れる。

 <6話>倫子は奥田との交際を始めるが、映画やジョギングなど趣味を押しつけてくる奥田に息苦しさを感じ始める。香は結婚という現実に向き合おうと結婚相談所に登録し、希望の相手と対面しようとするが、涼から呼び出されて会いに行ってしまう。小雪は丸井との不倫に、ますますはまっていく。3人の恋が動く中、倫子は夜の公園でKEYと会い、聞きたかった前妻の話を聞く。病気で余命宣告された高校の教師と結婚、死別した過去を知り、本当の愛が何なのかを考えさせられる。そして翌日、奥田に別れを告げる。

 <7話>倫子は早坂から、早坂の地元・北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本の仕事を振られ、香と小雪を連れて現地に行く。最初は気乗りしなかったが、早坂の恩師・田口(田山涼成)らの「ドラマを通して町の魅力を一人でも多くの人に届けたい」という熱意に一念発起し、1度、書いた脚本を徹夜で書き直し、撮影ではADも務める。「恋するシーズン」の撮影を終え、早坂とKEYが駆けつけ、KEYは飛び入りでエキストラまで務める。打ち上げでPRドラマの上映を行った後、倫子は早坂と外で2人きりになり、自分からキスしてしまう。早坂からキスを返され、後日の再会を求められ、期待が高まる。一方、小雪は北伊豆からの帰京後、丸井との交際を知った父安男(金田明夫)からたしなめられ、考え込む。

 <8話>倫子は北伊豆から帰京後、早坂と再会した。交際やプロポーズの言葉を期待したものの、キスを返したことを謝罪され、高ぶった気持ちを抑えようと必死になる。その後、倫子はKEYに、早坂はマミに背中を押されて川沿いの公園で再び会い、付き合うことを決める。その中、香が涼との間の子を妊娠した可能性が浮上。香は、妊娠したことで涼が自分を本命の彼女にしてくれるかも知れないと期待する一方妊娠を嫌がったら…と不安を覚え、小雪が買ってきた妊娠検査薬を使うのをためらう。その後、涼から「産みたい? 責任取るよ」と言われ、検査薬で確かめたが、結果は陰性。複雑な思いのまま、涼の自宅マンションまで行き、電話すると、父親になる覚悟がないと言われ、ショックを受ける。マンションにいたKEYから「(部屋に)行くな」と涼との関係をやめるよう言われ、そのまま立ち去る。

 <9話>倫子は早坂との交際を始め、互いに地味で普通の恋愛が幸せだと再確認する。地上波連ドラの脚本の仕事も入り、公私ともに順調だ。一方、小雪は父安男がぎっくり腰になったのをいいことに、出入りを禁止していた丸井を呑んべえに呼んだ揚げ句、丸井の自宅に呼ばれて一夜をともにしてしまう。一夜明け、妊娠中の妻が緊急帝王切開するため、丸井が家を出てしまったことにショックを受けて別れを決意する。そんなタラレバ娘に厳しいことを言い続けたKEYも、打ちひしがれていた。亡くなった前妻曜子(村川絵梨)の七回忌で、義父から「娘のことは忘れてほしい」と言われ、ショックのあまり泥酔し、街をさまよう。倫子は、早坂の自宅に移動中、KEYの姿を見て、放っておけず話を聞く。そこで「何だったんだろうな…俺たちの結婚。意味、あったのかな。彼女、幸せだったのかな?」と吐露するKEYに「夢、かなえてあげたんでしょ。感謝しかないよ」と言って、励まし、抱き締めてしまう。

 <10話>倫子は、心の支えをなくしてボロボロになったKEYを放っておくことができず、家に連れ帰って一晩泊めてしまう。早坂にウソをついてまで、そんなことをしたことを後悔しつつも、KEYに心ひかれている自分の気持ちにフタをして、なかったことにしようと決意する。あらためて婚活をスタートさせた香の前には、涼が現れ「彼女と別れた。もう1回ちゃんとつきあいたい」と言われて、香は揺れる。小雪は、丸井との不倫関係を終わらせたはずだったが、街で偶然、子供を連れた丸井と遭遇してしまう。






コメントを残す