観光施設のバリアフリー情報発信 県がサイト開設 – 岐阜新聞

Home » 観光 » 観光施設のバリアフリー情報発信 県がサイト開設 – 岐阜新聞
観光 コメントはまだありません



写真:観光施設のバリアフリー情報発信 県がサイト開設
県内の観光施設のバリアフリー情報などをまとめたウェブサイト「ふらっと旅ぎふ」の画面

 岐阜県は、県内の観光施設40カ所のバリアフリー情報をまとめたウェブサイト「ふらっと旅ぎふ」を22日に開設する。障害者が調査員として施設を回り、障害者目線でバリアフリーの対応状況などを盛り込んだ。

 県が進める「GIFU・バリアフリー観光推進プロジェクト」の一環。障害者の就労支援に取り組むNPO法人「バーチャルメディア工房ぎふ」が中心となって昨年10月から今月まで県内の観光地を訪れ、調査結果をサイトにまとめた。

 ウェブ上では、車いすの貸し出し状況や通路の広さ、段差の高さ、障害者に配慮した展示の有無などを各施設ごとに記載。施設のトイレを360度確認できる写真や調査員のリポートも閲覧できる。

 調査は来年度以降も継続し、施設情報を順次追加する方針。県観光企画課は「障害者だけでなく、高齢者や妊婦など誰でも旅行できる観光施設を増やしたい」としている。

 サイトのアドレスは、http://www.flat-gifu.com/






コメントを残す