2社SO美馬に進出へ 旅行企画と民泊の仲介 2017/3/22 14:19 – 徳島新聞

Home » サテライトオフィス » 2社SO美馬に進出へ 旅行企画と民泊の仲介 2017/3/22 14:19 – 徳島新聞
サテライトオフィス コメントはまだありません




 徳島県は21日、美馬市にサテライトオフィス(SO)が相次いで開設されると発表した。旅行業の東亜トーアトラベル(東京都港区)と、合法民泊農泊仲介サービスの百戦錬磨(仙台市)で、両社ともに初めてのSO。自然や伝統文化など観光資源が豊富なことから決めた。美馬市にSOが設けられるのは計3社で、県内では9市町の計45社になる。

 東亜トーアトラベルは25日、同市脇町のうだつの町並みにある木造2階建て延べ約250平方メートルの古民家(築145年)に開設する。5月からは1人が常駐し、徳島県を含めた全国の旅行の企画運営を手掛ける。美馬和傘や蚕糸を使ったあんどんの製作体験など主に外国人観光客を対象にしたツアーにも取り組む。

 同社は1月に、この古民家を買い取り、同社の片岡久議社長が代表取締役を務めるコンサルタント会社・G&Cコンサルティング(東京)が、場所や時間にとらわれない働き方「テレワーク」に取り組む企業や個人に開放している。東亜のSOとして使用するとともに、G&Cも業務を続ける。

 百戦錬磨は4月中旬、同市穴吹町の木造2階建て延べ約74平方メートルの空き家(築40年)に設ける。当面は本社などから数人が短期的に訪れ、歴史的建造物や文化財の宿泊施設への転用などに取り組む。将来的には民泊施設も併設する予定。

 両社は「豊富な自然や伝統工芸品を生かし、地元の活性化につなげたい」としている。






コメントを残す