西鉄、観光・ICTを強化 29年度事業計画を発表 福岡 – 産経ニュース

Home » 観光 » 西鉄、観光・ICTを強化 29年度事業計画を発表 福岡 – 産経ニュース
観光 コメントはまだありません



 西日本鉄道は22日、グループの平成29年度事業計画を発表した。観光・インバウンド(訪日旅行)事業の強化と、ICT(情報通信技術)の活用に、重点的に取り組む。設備投資には403億円を充てる。

 観光面では新たに「西鉄グループ観光ビジョン」(仮称)を作成し、今後のインバウンド需要の高まりに対応する。

 地域の観光資源を掘り起こし、鉄道・バス沿線が一体となったブランド化を進める。

 これまでインバウンド事業は、西鉄本体に加え、西鉄旅行などグループ会社が、それぞれ旅行商品を作り、バラバラに売ってきた。こうした事業を一本化できないかを検討する。組織を見直し、「観光推進事業本部」の創設も視野に入れる。

 ICT面では、ICカード「ニモカ」の発行で得られた、利用者の年齢や利用時間帯などビッグデータの分析を、新プロジェクトで進める。

 倉富純男社長は22日の記者会見で「観光面で方向性をグループ全体で共有できるようにし、ICTの新技術を活用して生産性の効率化も図りたい」と述べた。






コメントを残す