ミズバショウ 観光客和ます 南砺・岩瀬家 – 中日新聞

Home » 観光 » ミズバショウ 観光客和ます 南砺・岩瀬家 – 中日新聞
観光 コメントはまだありません



合掌造り家屋の前で咲き誇るミズバショウ=南砺市西赤尾町で

写真

 南砺市西赤尾町の国重要文化財の合掌造り「岩瀬家」前の湿地で、ミズバショウが見ごろを迎え、観光客らを楽しませている。

 ミズバショウはサトイモ科の多年草。白い花に見えるのは「仏炎苞(ほう)」と呼ばれるしゃくし状の葉の一部。岩瀬家では約十アールの湿地に植えられている。

 四月に入り、雪解けとともに顔を出し始めた。白と緑のコントラストが五箇山最大の合掌造り家屋に彩りを添えている。当主の岩瀬幹夫さん(83)によると「ゴールデンウイークの前半ごろまでは楽しめそう」という。

  (渡辺健太)

この記事を印刷する






コメントを残す