高知県奈半利町 ふるさと納税の寄附維持へ対策 – NHK

Home » ふるさと納税 » 高知県奈半利町 ふるさと納税の寄附維持へ対策 – NHK
ふるさと納税 コメントはまだありません



ふるさと納税をした人に自治体がお礼として贈る返礼品について、総務省が今月、調達価格を寄付額の3割以下に抑えることなどを求める通知を出したことを受けて、これまで5割相当の品を贈り四国で最も多い寄付を集めてきた高知県奈半利町は、返礼品の種類を増やすなどして寄付者をつなぎとめる対策を打ち出すことになりました。

生まれ故郷や応援したい自治体などを自分で選んで寄付できる「ふるさと納税」について、総務省は今月1日、返礼品をめぐる自治体間の競争が過熱しているとして、調達価格を寄付額の3割以下に抑えることなどを求める通知を出しました。

奈半利町はこれまで、特産の魚や肉、野菜など、寄付額の5割相当の品を贈り、「お得な返礼品がもらえる自治体」として人気を呼び、平成27年度には四国で最も多い13億円の寄付を集めましたが、今回の通知で見直しを迫られています。

町は今後、通知に沿って返礼品を寄付額の3割相当に抑えたうえで、種類を増やしたり、返礼品となる野菜を栽培する過程をインターネットで公開し愛着を感じてもらったりして、寄付者をつなぎとめたい考えです。
奈半利町は「今後も応援したい自治体と感じて寄付してもらえるよう工夫を凝らしたい」としています。






コメントを残す