「認知症をみんなでささえるまちづくり連携協定」を締結 横須賀市 – けあNews

Home » 町おこし » 「認知症をみんなでささえるまちづくり連携協定」を締結 横須賀市 – けあNews
町おこし コメントはまだありません



横須賀市・横須賀市医師会・エーザイ株式会社の連携協定

神奈川県横須賀市とエーザイ株式会社、横須賀市医師会が「認知症をみんなでささえるまちづくり連携協定」を4月20日に締結する。認知症に対する理解の促進等、認知症の人が安心して暮らせる地域づくりを目指し、取組みの実施・検討を進める。

協定による取組み

同協定により今後、認知症の人が暮らしやすい地域づくりを促進するための活動に取り組んでいく。行政・医療・介護等の関係機関間連携のための活動、認知症ボランティア等の人材育成、認知症への理解促進と認知症の人の人権等の意識啓発を進める。

すでに予定されている取組みとして、第1回「よこすか認知症フェスタ」の開催(5月13日(土)14:00~17:00、横須賀市医師会館大会議室)。エーザイから、横須賀市医師会や横須賀市主催の認知症に関する研修会への資料提供等がある。

高齢化率30%(平成28年10月現在)である横須賀市では「本人の意思が尊重され、住み慣れたまちで暮らし続けることができる仕組みづくり」を目標としている。高齢化とともに認知症の人が増加し、地域で支えるかかりつけ医の重要性、医師会とのさらなる連携の必要。また、全国各地で認知症に関した地域づくりを支援しているエーザイ株式会社の知識を活かしてもらうため、今回の連携協定締結に至った。

(画像は横須賀市HPより)

▼外部リンク

横須賀市 ニュースリリース
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/

キーワード:


地域






コメントを残す