ドローン人材を派遣・紹介 国内初のサービスはじまる – J-CASTニュース

Home » 民泊 » ドローン人材を派遣・紹介 国内初のサービスはじまる – J-CASTニュース
民泊 コメントはまだありません



   ドローン産業を支援する、ドローンデパートメントは、国内初のドローン(無人航空機)にかかわる人材の派遣・紹介サービス「SkyAgent」を、2017年5月1日に開始した。

   即戦力となる、経験を積んだドローンパイロット・エンジニアを、ドローンビジネスを手がけ、ドローンにかかわる人材を必要としている企業や行政に派遣・紹介する。

  • ドローンを操るパイロットやエンジニアはごくわずかだ

    ドローンを操るパイロットやエンジニアはごくわずかだ

ドローン人材はごくわずか

   ドローンパイロット・エンジニアは、ドローンを活用した測量や点検、メンテナンスを行う人材のこと。現在、国内には1万人ほどがドローンを使ったことがあるといわれているが、測量や点検といった分野でドローンを操ることができる人はごくわずかという。

   ドローンデパートメントでは、求人募集に申し込んだ人を面談。ドローンの操縦士や安全運航管理者を養成・認定するスクールを運営する日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)でパイロットの資格を取得し、50時間以上のフライト実績をもつ人を対象に、派遣・紹介する。

   同社の担当者は、J‐CASTニュースの取材に、「ドローンを必要としている分野でのドローン人材はまだまだ少ない。今後このサービスを使って増やしていきたい」と話した。

搬送物流での活躍も期待

   市場調査・技術動向のインプレス総合研究所によると、2016年度の国内のドローンビジネスの市場規模(推測)は353億円。前年度から178億円(102%)急増した。2022年度には16年度の6倍にあたる2116億円に達するとみている。

   ドローン市場のうち、大半を農業分野が占め、農薬散布などの目的でドローン人材が必要とされている。2022年には、搬送物流の分野での活躍も期待されている。






コメントを残す