日帰り旅行におすすめの行き先を旅ライターが厳選! 東京からすぐ行ける穴場スポットは? – 日刊アメーバニュース

Home » 廃線・廃駅 » 日帰り旅行におすすめの行き先を旅ライターが厳選! 東京からすぐ行ける穴場スポットは? – 日刊アメーバニュース
廃線・廃駅 コメントはまだありません



「気分転換に旅行がしたい!」と思っても、勉強や仕事で忙しいとなかなか旅に出ることはできません。そこでおすすめなのが、1日で行って帰って楽しめる「日帰り旅行」です。今回は、東京からすぐ行ける日帰り旅行におすすめのスポットを、旅ライターのやまざき にんふぇあさんに聞いてみました!

■日帰り旅行におすすめの行き先その1「群馬県-栃木県・わたらせ渓谷鐵道」

●やまざきさんのおすすめスポット解説

『わたらせ渓谷鐵道』は、群馬県・桐生駅から栃木県・間藤駅を結ぶローカル線。東京から日帰りで行ける距離ながら、ノスタルジックな旅が楽しめる場所です。気動車に乗って途中下車しながら間藤駅を目指しましょう。桐生は「西の西陣、東の桐生」とまでいわれた織物の町。『のこぎり屋根の工場跡』や、江戸時代から昭和時代の蔵である『有鄰館』『森合資会社』『平田家』など、登録有形文化財指定のレトロな建物が建ち並びます。

大間々駅で途中下車して数分歩くと『はねたき橋』があります。ここからは「高津戸峡と渡良瀬川の絶景」を望むことができます。登録有形文化財の『上神梅駅』は、降りるとタイムスリップしてしまったかのような錯覚を覚えるほどレトロな雰囲気。『水沼駅』には駅直結の水沼駅温泉センターがあり、温泉が楽しめます。『神戸駅』も登録有形文化財に指定された古い駅。神戸駅直結の『清流』は廃車となった車両をレストランとして再利用したもの。『足尾駅』も登録有形文化財に指定されたレトロな雰囲気の駅。近くには足尾銅山があり、銅山内部を見学できるので立ち寄ってほしいです。全体を通して運賃が高額なため、1日フリーきっぷの購入をおすすめします。

■日帰り旅行におすすめの行き先その2「千葉県・銚子 銚子電気鉄道線」

●やまざきさんのおすすめスポット解説

銚子電気鉄道線は、廃線の危機を乗り越え約90年間走り続けているローカル線。日帰り旅行するなら銚子駅から乗車し、途中下車しながら外川駅を目指しましょう。銚子港周辺には新鮮な魚を扱った飲食店が数店あるので、まずは立ち寄ってほしいです(『海ぼうず』、または『魚料理 常陸』が特におすすめです)。

仲ノ町駅では車庫の前まで歩いていくことができ、日本一小さいといわれるコミカルな外観の機関車「デキ3形」を間近で見学できます。近くには『ヤマサ醤油』の工場があり、事前予約すれば見学可能。観音駅は、名前からは想像できない遊園地にある西洋の城のような外観の駅。近くには、弘法大師が開いた『飯沼山圓福寺』があり、五重塔・大仏様が見どころです。犬吠駅は、その年の一番大きな願いをかなえてくれるとされる『満願寺』が注目スポット。黄金色に輝く本堂が豪華な雰囲気を醸し出す寺です。町や海、風車の群れを一望できる『地球の丸く見える丘展望館』や『犬吠埼灯台』も訪れてほしいです。終点、外川駅はセットのような懐かしい雰囲気の木造駅。港町特有の雰囲気があり散歩にはうってつけです。土産としては、銚子電鉄名物のぬれ煎餅や、近くでとれた海産物がおすすめ。

■日帰り旅行におすすめの行き先その3「静岡県・熱海」

●やまざきさんのおすすめスポット解説

『來宮神社』には樹齢2,000年ともいわれる大楠があり、願い事を人に言わずに1周するとかなうといわれています。また、パワースポットとしても有名で多くの人でにぎわっています。『起雲閣』は1919年に実業家の別荘として造られた後に旅館となり、現在は熱海市が所有。天井をステンドグラスにし、床にカラフルなタイルを敷き詰めたサンルームやローマ風呂を始め、贅を凝らした造りとなっています。文豪たちにも愛され、太宰治も愛人の山崎富栄と宿泊(この3カ月後に二人は心中しました)。また、熱海港からは船が出ており、離島・初島へ渡ることができます。

熱海といえば温泉が有名ですが、日帰りで温泉に入りたい場合は『日航亭大湯』がおすすめ。徳川家康も入浴したとされます。昔ほどの活気を失っている熱海ですが、新鮮な魚介類、温泉、美しい建物、名高い神社、離島を全て兼ね備えている上に日帰り圏内であり、観光地としての魅力は決して今でも失われてはいません。

■日帰り旅行におすすめの行き先その4「栃木県・宇都宮」

●やまざきさんのおすすめスポット解説

栃木県といえば日光が間違いなく楽しめる鉄板スポットですが、日帰り旅行には宇都宮もおすすめです。弘法大師が建立した『大谷寺』は、本堂が古代の横穴式住居に包まれているという珍しい外観をしています。すぐ近くの大谷公園の岩肌には、27メートルもの大きさの大谷平和観音が彫られています。

他には『大谷資料館』もおすすめ。地下の採掘場跡は神殿のような荘厳さ。また、大谷石でできた『カトリック松が峰教会』は1888年に建てられた歴史ある教会であり、神父がいる場合は内部に入って、その美しさを中からも楽しめます。大谷石にまつわるスポットを回ってお腹が空いたら宇都宮餃子を食べに行きましょう。宇都宮駅周辺には数多くの餃子店があり、各店舗ごとに個性を出しているので食べ比べがおすすめです。また、宇都宮は宇都宮焼きそばや、カクテルでも有名。特にカクテルは、全国でもトップレベルのバーテンダーを多数輩出しているほどです。

■日帰り旅行におすすめの行き先その5「埼玉県・川越」

●やまざきさんのおすすめスポット解説

日帰り旅行におすすめなのが小江戸と呼ばれ親しまれている蔵造りの町並みが特徴の川越です。『喜多院』は五百羅漢が有名なスポット。喜多院には、徳川家光の時代に、江戸城から春日局の化粧部屋とされる部屋が移築されており、そこも必見です。すぐ近くには日本三大東照宮の一つ『仙波東照宮』があるので合わせて訪ねましょう。

川越の人気スポットである『菓子屋横丁』は、20軒を超える菓子屋が軒を連ねており、安価な菓子の買い食いを楽しめるスポット。近くには蔵造りの町並み(特に時の鐘が有名)もあるので散歩には最適です。

■日帰り旅行におすすめの行き先その6「東京都・伊豆大島」

●やまざきさんのおすすめスポット解説

本当は2泊ほどじっくりと楽しんでほしいですが、伊豆大島は竹芝桟橋から2時間ほどで行くことができるため、日帰りでも楽しめるスポット。三原山やその麓に広がる裏砂漠など、東京どころか日本とは思えない絶景が魅力です。三原山や裏砂漠を歩いたあとは、三原山を一望できる露天風呂がある『大島温泉ホテル』で汗を流しましょう。

他におすすめしたい場所としては、昔ながらの町並みが広がる波浮港が挙げられます。食事は『べっこう』がおすすめです。べっこうは「島唐辛子醤油」に漬けられてべっこう色になった魚の切り身であり、丼やすしで味わえます。日帰り旅行だと効率よく回る必要があるので、港まで迎えに来てくれるレンタカーを予約するか、前日夜10時発翌日朝6時着の船に乗るなど(日帰りではなくなってしまいますが)、計画をきちんと立てるといいでしょう。

日帰り旅行におすすめのスポットをご紹介しました。泊まりだと週末の2日間を使うことになりますが、日帰り旅だとどちらかの1日で大丈夫ですから、効率よく週末が満喫できますね。日帰り旅行の際は、ぜひやまざきさんのおすすめスポットを巡り、慣れてきたら自分なりの楽しめるルートを構築していくといいかもしれません。

<やまざき にんふぇあさんプロフィール>
旅行ガイドメディア「トラベルjpたびねす」やオンライン旅行マガジン&ガイドブック「トリップノート」で記事を執筆するトラベルライター。

やまざきさんのブログ『国内一人旅ブログ はこいりむすめのいえ。』
⇒http://85irimusume.doorblog.jp/

(中田ボンベ@dcp)

【関連リンク】
ポジティブorネガティブ度診断! あなたは前向き?ネクラ?
東京都内のおすすめデートスポット110選! 2017年版、カップルで行きたい人気&穴場スポットは?
兵庫の人気デートスポット&観光地15選 カップルにおすすめのエリアは神戸以外にもいっぱい!
大学生のうちに旅行しておくべき国内観光スポット49選! 社会人のおすすめは?






コメントを残す