地域とともに民泊で活性、観光スタイルの多様化に対応~airBest(株) – NET-IB NEWS

Home » 民泊 » 地域とともに民泊で活性、観光スタイルの多様化に対応~airBest(株) – NET-IB NEWS
民泊 コメントはまだありません



airBest(株) 黒木 透 代表取締役

 2015年10月に設立されたairBest(株)(エアベスト)は、宿泊施設・民泊を貸し出す人向けのウェブサイトAirbnb(エアービーアンドビー)掲載物件のホストに対する運用代行のサービスを目的に事業を開始。今年3月には博多区に新事務所を移転するなど、より効率化を進めている。同社は福岡地区を中心に、民泊代行サービスを展開し、とくに「ホテル&コンドミニアム エアベスト」「リアリティ博多Ⅱ」などは博多駅から徒歩6分という恵まれた立地条件ということもあり、通常賃料の約3倍の高収益を可能とした。また「リアリティ博多Ⅱ」は17年2月には稼働率95%に達するなど人気の高さがうかがえる。そのほか、新築物件を1棟まるごと簡易宿所としたコンサルティングを数件手がけるなど、不動産業にも明るい同社の利点を最大限活かし、民泊代行に関する総合プロデュースを可能としている。

 さらには、観光地や保養地として、海外からの観光客にも人気がある湯布院に進出。まずはJR由布院駅から徒歩1分にある「エアベスト湯布院」を16年3月に改装オープンした。このホテルを皮切りに、湯布院地区への本格的な参入を果たした。そして今回、同社ではetavia湯布院14室をはじめ、木造2階建て4LDKで、11人まで宿泊可能な民家のコンサルを受託。「黒木家」として運用を開始した。湯布院は外国人旅行客から人気が高く、黒木家は一軒丸ごと借りることも可能なので、現在予約も好調だという。しかも、この「黒木家」は約200坪ある敷地内に、新たに露天風呂を設営。かけ流しで24時間入浴可能であることも高い評価を受けている。さらに、現在はホテルおよび別荘の運用開始の準備中である。

黒木社長手作りの「黒木家」露天風呂

 同社が最も重要視するのは、地域との連携である。代行を手がける8カ所の宿泊施設は当初、施設内での食事の提供を行っていたが、現在はとりやめている。その理由として、「湯布院には、おいしい食事を提供するところがたくさんあります。もっと湯布院を知っていただくために、弊社が手がける施設ではすべて食事の提供をやめました。お客さまに地元の飲食店を利用していただくようにしたのです。それから、地元の方々から声をかけてもらうことも多くなりました」と同社の黒木透社長は語る。地域の活性化に寄与しているようだ。民泊運用代行で“まちづくり”に貢献したいという同社の今後の展開が注目される。

【道山 憲一】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:黒木 透
所在地:福岡市博多区博多駅東1-1-33-9F
設 立:2015年10月
資本金:5,620万円
TEL:092-412-8600
URL:http://airbnb-best.com/​






コメントを残す