道内百貨店売上高5月、実質1%増 – 日本経済新聞

Home » インバウンド » 道内百貨店売上高5月、実質1%増 – 日本経済新聞
インバウンド コメントはまだありません

 日本経済新聞社の集計によると、道内百貨店の5月の合計売上高は124億6400万円と、前年同月比で4.9%減った。2016年9月末に閉店した西武旭川店の売上高を除いた実質では1.0%増と、5カ月連続で増収だった。訪日外国人(インバウンド)消費の追い風で札幌市内の百貨店が堅調な一方、恩恵が及びにくい地方の百貨店は苦戦が鮮明となっている。

 札幌丸井三越は1.0%増。商品別にみるとブランド品や化粧品が好…

コメントを残す