AI・IoT時代を切り拓く「人材投資」をどう作る – 日経ビジネスオンライン

Home » シェアリングシティ » AI・IoT時代を切り拓く「人材投資」をどう作る – 日経ビジネスオンライン
シェアリングシティ コメントはまだありません

日本型雇用システム壊す「人材流動化」がカギ

2017年6月16日(金)

急速に進む人手不足の中で、AI(人工知能)やIT(情報技術)などのエンジニアをいかにして育成するかが、大きなテーマとなる。(写真:アフロ)

「人工知能」や「情報技術」を担う人材育成が急務

 未来を切り拓くのは「人」だ。AI(人工知能)やIT(情報技術)が新たな価値を生み出す時代になると言っても、それを具体的に担うのは人材である。急速に進む人手不足の中で、どうやってそうした人材を育て、確保していくかが、今後の日本を考えるうえで、大きな条件になっていくのは間違いない。

 政府が6月9日に閣議決定した成長戦略「未来投資戦略2017」でも、「教育・人材力の抜本強化」が課題として明記されている。未来投資戦略は、今後日本が成長していくためには、「第4次産業革命(IoT、ビッグデータ、人工知能[AI]、ロボット、シェアリングエコノミー等)のイノベーションを、あらゆる産業や社会生活に取り入れることにより、様々な社会課題を解決する「Society 5.0」を実現すること」が重要だとしている。

「Society 5.0」とは「情報社会」に続く新しい社会

 ちなみに、ここで言う「Society 5.0」とは、人類が歩んできた、①狩猟社会、②農耕社会、③工業社会、④情報社会に続く5番目の新しい社会だとし、「新しい価値やサービスが次々と創出され、社会の主体たる人々に豊かさをもたらしていく」というイメージを提示している。

 そんな中で、最大のポイントが人材の育成だ。「未来投資戦略」は言う。

 「第4次産業革命に対応できる人材投資と労働移動の円滑化を進める。第4次産業革命に伴い、産業構造と就業構造の急激な変化は避けて通れない。個人個人に求められる能力・スキルも大きく変わらざるを得ない。IT人材が必要となるのは、IT産業に限らず全産業に及ぶ。2020年には、IT人材が約37万人不足すると予想される。更に多くの人材がITを使いこなす能力を身につけていくことが必要となる。『IT力強化集中緊急プラン』を策定し政策資源を集中投入する」

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

コメントを残す