ポケモン、ファッション界でも「世界デビュー」 – 日本経済新聞

Home » 廃線・廃駅 » ポケモン、ファッション界でも「世界デビュー」 – 日本経済新聞
廃線・廃駅 コメントはまだありません



鏡に映し出されたピカチュウのシルエット

 世界的な人気を誇る「ポケットモンスター」がイタリア・フィレンツェで開催中のメンズファッション見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」に登場した。ポケモンとファッションの意外なコラボレーションが注目を集めている。

 15日に開かれた新鋭デザイナー、久保嘉男氏のブランド「ヨシオ クボ」による2018年春夏コレクションの発表会。廃駅を利用した展示場に設けたランウエーの端に、高さ7メートルほどの三角錐(すい)が5つ置かれていた。内側は鏡のようになっており、底面に映し出された映像が、万華鏡のように反射を繰り返す仕組み。よくよく見ると、幻想的な映像のなかにピカチュウの影やモンスターボールが見えた。

ショー終了後にはモデルたちが中に入って作品をアピール

 ショーが始まる前、このしかけに気づいた来場者たちが続々と集まり、三角錐のなかに入ったり、記念写真の撮影に興じたりしていた。

 制作したのは映像制作会社WOW(東京・渋谷)。コレクションのテーマとなっている「Arts & Craft Movement」に沿って、ファッションの最小単位ともいえる布が編まれたり、染められたり、テキスタイルがつくられていく様子などを幻想的に描いたという。

 装置はピッティのメイン会場近くにも4台あり、先鋭的な映像美を来場者にアピールしていた。

(フィレンツェ=平片均也)

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。






コメントを残す