“八木でヤギ”放牧 獣害対策、特産品開発目指し – 神戸新聞

Home » 地域おこし協力隊 » “八木でヤギ”放牧 獣害対策、特産品開発目指し – 神戸新聞
地域おこし協力隊 コメントはまだありません



 ヤギが兵庫県南あわじ市八木大久保の耕作放棄地で放牧されている。世話をするのは、市地域おこし協力隊の山田孝夫さん(37)と住民ら。“八木でヤギ”とはシャレのようだが、獣害対策やミルクを使った特産品開発など狙いは大まじめだ。(佐藤健介)

 地元では収穫間近の農作物がイノシシやシカに食べられる被害が続出。目を付けたのがヤギだ。雑草を食べさせて見通しを良くし、警戒した獣が田畑に近づかないよう緩衝帯を作る。






コメントを残す