絶品タレの手羽先にビールが止まらない!本当は教えたくない古民家居酒屋 – BLOGOS

Home » 古民家 » 絶品タレの手羽先にビールが止まらない!本当は教えたくない古民家居酒屋 – BLOGOS
古民家 コメントはまだありません



木の温もりたっぷりのお店って心から落ち着けますよね。

それが古民家風だとなおさらです。

そんなお店が札幌地下鉄南北線の北18条駅から程近いところにあるんです。

住宅街を歩いていると、突如懐かしい感じがする建物が現れます。

それがこちら「ほんまや」です。

築50年以上の民家を改装して造られた店は、外装・内装ともに木の温かみをそのまま生かし、その姿はまるで「隠れ家」!

店内は、1階がカウンターと4人席が二つ、2階席は座敷となっていて計36席、ご覧のように木がふんだんに使われていて、落ち着いた雰囲気が漂っています。

店は人当たりのいい店主とアルバイトの学生で営んでおられます。

この日のお通し(290円)は「冷奴」でした。

当店名物「天使の翼」(650円)です。
厳選された手羽先と丹精こめて造られた自慢のタレのコンビネーションは絶妙かつ繊細です。

半端でない量と味付けに満足感たっぷりです。

ビールが進みます。

二朗の大好きな「砂肝」(280円)です。

備長炭で丁寧に柔らかく焼き上げられていますが、独特のコリコリ感がしっかりあって、美味です。

「なんこつ」(370円)です。

肉の大きさと柔らかさに厳選された素材の良さが感じられます。

「つくね」(370円)です。

串でなく、割り箸に練りつけられていて、結構な大きさがご理解いただけると思います。

もちろん味もしっかりしていて、焼きたてですのでかぶりつくと湯気が出てきました。

「子持ししゃも」(490円)です。

ししゃもも串刺しにされていました。

ちょっと細身ですがしっかり卵が入っていて、美味しくいただきました。

北海道名物「ラーメンサラダ」(640円)をいただきます。

ボリュームたっぷりで野菜もちゃんと採れます。

週始めの少々お客さんの少ない時にお伺いすると、店主が話し相手となってくれます。
一人でも大人数でも、コース料理でもアラカルトでも、使い勝手のいい心温まるお店ですので是非訪問してみてください!

紹介しているお店はこちら!






コメントを残す