特急の車内販売、沿線地域の人たちで 2017年夏に試行 JR北海道 … – エキサイトニュース

Home » 特産品 » 特急の車内販売、沿線地域の人たちで 2017年夏に試行 JR北海道 … – エキサイトニュース
特産品 コメントはまだありません



JR北海道が2017年7月~9月の土日に、特急「スーパーおおぞら」で、沿線地域の人たちによる特産品の車内販売を試験的に行います。

沿線の観光協会などが特産品を車内販売

 JR北海道は2017年6月14日(水)、特急列車の車内で、沿線地域の人たちによる特産品販売を試験的に行うと発表しました。

 7月22日(土)から9月10日(日)までの土日計12日間に、札幌~釧路間を結ぶ特急「スーパーおおぞら4号」「同5号」のトマム~帯広間で、沿線特産品の車内販売が行われます。

 担当するのは、新得町観光協会、北海道池田町観光協会、本別町、本別町観光協会、陸別町、陸別町振興公社、足寄町の人たちです。日によって地域は異なります。

販売品の一例。左上から時計回りに「新得そば」と加工品、「バナナ饅頭」「りくべつ鹿ジャーキー」「あしょろのカシスサイダー」「十勝地サイダー」(画像:JR北海道)。

 新得町は新得そばやその加工品、池田町は「バナナ饅頭」や「十勝ワインキャンディ」、本別町は素焼黒豆、陸別町は「りくべつ鹿ジャーキー」、足寄町は「あしょろのカシスサイダー」などといった商品を販売します。

 なお、車内販売の実施にあたり、JR北海道は販売者に車内の使用料を請求しません。今夏の実施状況を踏まえ、夏期以外の時期やほかの地域、列車、区間での実施が検討されます。

 JR北海道では、コンビニの普及などによる売り上げ減少や客室乗務員の人員不足などから、車内販売の縮小が続いており、特急「スーパーおおぞら」でも2017年3月4日から全列車で取りやめになっていました。現在、同社で車内販売が行われている定期列車は、札幌~函館間の特急「スーパー北斗」「北斗」の一部のみです。






コメントを残す