西咸新区シルクロード国際博覧会 開幕初日の契約金額が1513億元に イノベーション駆動の戦略で新特区を構築 – 中国国際放送

Home » 企業誘致 » 西咸新区シルクロード国際博覧会 開幕初日の契約金額が1513億元に イノベーション駆動の戦略で新特区を構築 – 中国国際放送
企業誘致 コメントはまだありません



 シルクロード国際博覧会2017及び第21回中国東部・西部協力投資貿易商談会の開催期間中の3日、西咸新区は企業誘致説明及び重点プロジェクト調印式を行い、金額にして総額1513億元に上る24のプロジェクトについて契約を結びました。このイベントには、西安市政治協商会議の議長であり、西咸新区共産党工作委員会書記でもある管理委員会の岳華峰主任が出席しました。


調印式に出席した岳華峰西安市政治協商会議議長、西咸新区共産党工作委員会書記兼管理委員会主任(左)、呼燕陝西省科学技術協会共産党組織書記兼常務副主席(右)


調印式を主宰する喩建宏西咸新区副主任


西咸新区の投資概況を紹介する王飛西咸新区管理委員会副主任

 西咸新区管理委員会の王飛副主任はプレゼンテーションの席上、「グレーター西安開発計画に編入後、西咸新区の発展のポテンシャルと空間はさらに拡大している。これから行政サービスの効率を高め、『5つ星』サービスに注力し、小間使いに徹する」と強調しました。

 西咸新区空港ニューシティ、澧東ニューシティ、秦漢ニューシティ、澧西ニューシティ、涇河ニューシティ、エネルギー金融貿易区、国際文化教育パークがそれぞれに特色あるプレゼンテーションを行い、この席上で、契約金額にして1513億元に上る24のプロジェクトの契約が結ばれました。

 今回調印されたプロジェクトには、高品質、高投資額、多量という3大特徴が見られ、航空ヘッドクォーター・エコノミーや、人工知能、遺伝子技術、宇宙航空、脳科学、ニューマテリアルが代表するハイテク技術関連のプロジェクトが多く注目を集めています。(殷、む)






コメントを残す