「内山靖崇がベスト4、高橋悠介/徳田廉大はダブルス準優勝 [ウィニペグ … – THE TENNIS DAILY

Home » 特産品 » 「内山靖崇がベスト4、高橋悠介/徳田廉大はダブルス準優勝 [ウィニペグ … – THE TENNIS DAILY
特産品 コメントはまだありません



 ATPツアー下部大会の「ウィニペグ・ナショナル銀行チャレンジャー」(カナダ・マニトバ州ウィニペグ/7月11~16日/賞金総額7.5万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第4シードの内山靖崇(北日本物産)は第2シードのピーター・ポランスキー(カナダ)に4-6 6-4 2-6で敗れ、決勝進出はならなかった。試合時間は1時間45分。

 今大会の内山は、1回戦でセコウ・バングラ(アメリカ)を3-6 6-4 6-3で、2回戦でマルコス・ギロン(アメリカ)を6-4 4-6 6-2で、準々決勝ではマックス・パーセル(オーストラリア)を6-4 6-0で破って勝ち上がっていた。

 そのほかの日本勢では、伊藤竜馬(北日本物産)、守屋宏紀(北日本物産)、高橋悠介(三菱電機)、内田海智(富士薬品)がシングルスに出場。高橋が8強入りを果たしたが、第3シードの伊藤と第5シードの守屋が1回戦で、内田は2回戦で敗れていた。

 高橋は徳田廉大(フリー)とのダブルスでノーシードから勝ち上がり、決勝で第1シードのルーク・バンブリッジ(イギリス)/デビッド・オヘア(アイルランド)に2-6 2-6で敗れたが、準優勝を果たした。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス準決勝】

●24内山靖崇(北日本物産)[4] 4-6 6-4 2-6 ○32ピーター・ポランスキー(カナダ)[2]

————

【シングルス準々決勝】

○24内山靖崇(北日本物産)[4] 6-4 6-0 ●19マックス・パーセル(オーストラリア)

●13高橋悠介(三菱電機)6-7(4) 3-6 ○11エダン・レシェム(イスラエル)

————

【シングルス2回戦】

○24内山靖崇(北日本物産)[4] 6-4 4-6 6-2 ●22マルコス・ギロン(アメリカ)

○13高橋悠介(三菱電機)7-5 2-6 6-2 ●15サミュエル・モネット(カナダ)[WC]

●3内田海智(富士薬品)3-6 4-6 ○1ブラズ・カブチッチ(スロベニア)[1]

————

【シングルス1回戦】

●9伊藤竜馬(北日本物産)[3] 2-6 6-7(6) ○10ロニー・シュナイダー(アメリカ)[Q]

○24内山靖崇(北日本物産)[4] 3-6 6-4 6-3 ●23セコウ・バングラ(アメリカ)

●16守屋宏紀(北日本物産)[5] 0-6 1-6 ○15サミュエル・モネット(カナダ)[WC]

○13高橋悠介(三菱電機)6-2 6-0 ●14ジャック ミンジー・リン(カナダ)[WC]

○3内田海智(富士薬品)6-3 6-1 ●4ルイス ダビド・マルチネス(ベネズエラ)[Q]

————————

【ダブルス決勝】

●9高橋悠介/徳田廉大(三菱電機/フリー)2-6 2-6 ○1ルーク・バンブリッジ/デビッド・オヘア(イギリス/アイルランド)[1]

————

【ダブルス準決勝】
○9高橋悠介/徳田廉大(三菱電機/フリー)3-6 6-1 [10-7] ●15マルコス・ギロン/タイソン・クフャトコフスキ(アメリカ)

————

【ダブルス準々決勝】

○9高橋悠介/徳田廉大(三菱電機/フリー)6-4 6-4 ●11ヒューゴ・ディ フェオ/サミュエル・モネット(カナダ)[WC]

————

【ダブルス1回戦】

●13ディケル・バー/内田海智(イスラエル/富士薬品)4-6 5-7 ○14ジャック ミンジー・リン/ニケーズ・ムアンバ(カナダ)[WC]

○9高橋悠介/徳田廉大(三菱電機/フリー)1-6 7-6(6) [10-6] ●10チェン・ティ/マックス・パーセル(台湾/オーストラリア)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真はATPツアー下部大会の「ウィニペグ・ナショナル銀行チャレンジャー」(カナダ・ウィニペグ)で4強入りを果たした内山靖崇(昨年の楽天ジャパンオープンの予選でのもの)






コメントを残す