読谷の村魚はジンベイザメ 観光や水産業のシンボルに – 琉球新報

Home » 観光 » 読谷の村魚はジンベイザメ 観光や水産業のシンボルに – 琉球新報
観光 コメントはまだありません



ジンベイザメの模型の前で子どもたちと記念撮影する石嶺伝実村長(後列中央左)と金城肇組合長(同右)ら=16日午前、村都屋の村漁業協同組合

 【読谷】読谷村の石嶺伝実村長と村漁業協同組合の金城肇組合長が16日午前、村都屋の同漁協で会見を開き、村魚にジンベイザメを制定したと発表した。県内では20番目の市町村魚の選定で、ジンベイザメは初めて。都屋漁港沖の直径30メートルのいけすで飼育するジンベイザメを活用した観光プログラムの普及や、村の水産業振興のシンボルに位置付ける。

 村村魚選定委員会が5月から会合を重ね、7月6日に10人の委員が全会一致で承認。同14日付で村が決定した。村沖合に設置された大型定置網では、黒潮に乗ったジンベイザメが毎年数匹捕獲される。観光資源として活用されるほか、本部町のちゅら海水族館でも展示されている。
 石嶺村長は「読谷村の豊かな海洋資源を保護・育成し、水産業振興に努めたい」と決意。金城組合長は「村の観光発展に寄与したい」と話した。【琉球新報電子版】







コメントを残す