豪雨被害の大分県の観光PR 東京の会場に募金箱 | NHKニュース – NHK

Home » 特産品 » 豪雨被害の大分県の観光PR 東京の会場に募金箱 | NHKニュース – NHK
特産品 コメントはまだありません



九州北部を襲った記録的な豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市などを支援しようと、16日、東京で開かれた大分県の観光をPRする催しの会場に募金箱が設けられ、自治体の関係者などが支援を呼びかけました。

東京・千代田区で開かれた大分県の観光をPRする催しでは、大分市など5つの市と町の職員が地元の特産品を販売したり観光地を紹介するチラシを配ったりしました。

また九州北部を襲った記録的な豪雨で大きな被害を受けた日田市などを支援しようと募金箱が設けられ訪れた人たちが次々と募金していました。

募金をした茨城県利根町の40代の女性は「茨城県も東日本大震災や豪雨災害を経験したので大変な事情がわかります。復興に向けて頑張ってほしいです」と話していました。

由布市商工観光課の職員は「湯布院温泉は被害がほとんどありませんでしたが、宿泊施設などで1000件以上のキャンセルがあったと聞いています。安全に関する情報発信が大きな課題です」と話していました。

催しを主催した大分市の佐藤樹一郎市長は「大分県内の自治体が連携して観光PRに取り組むことで、日田市などの支援につなげるとともに多くの人に大分を訪れてほしいです」と話し、支援を呼びかけていました。






コメントを残す