【移住のミカタ】岩手県葛巻町 北欧を彷彿 東北一の酪農郷 – 産経ニュース – 産経ニュース

Home » UIターン » 【移住のミカタ】岩手県葛巻町 北欧を彷彿 東北一の酪農郷 – 産経ニュース – 産経ニュース
UIターン コメントはまだありません



 「人より牛が多い町」岩手県葛巻町。人口約6500人に対し、乳用牛飼育頭数は約9千頭、高原の緑の中で牛たちがのんびりと草を食む東北一の酪農郷です。特産の山ブドウを活用したワイン、高原に吹く風を利用した風力発電が自慢の「北緯40度ミルクとワインとクリーンエネルギーのまち」です。高速道路や鉄道、温泉などのレジャー施設もない山村ですが、北欧を思わせる起伏に富んだ高原、こぼれ落ちてきそうな星空など、厳しい自然条件が育んだワインとチーズのマリアージュをじっくり味わえます。

 人口減少が続き、町では対策組織として平成28年4月に「いらっしゃい葛巻推進室」を設置。私は、岩手県職員を同3月に退職、妻、息子とともに葛巻町に移住し、現在、室長として業務を行っています。現在、新築一戸建て(3LDK)を月額3万9千円の家賃で貸し出し、おおむね12年間の入居後、その後は家賃の負担なく永住できる制度とする「いらっしゃい住宅」の入居者(2棟)を今月14日まで募集中です。(葛巻町いらっしゃい葛巻推進室長 兼平俊亮)

  ◇

 メモ 東京から東北新幹線で2時間40分、「いわて沼宮内駅」で下車して車で約30分。問い合わせは、町移住定住係?0195・66・2111。






コメントを残す