フェデラー、単独最多8度目の優勝=チリッチ破り四大大会19勝目-ウィンブルドン – 時事通信

Home » 自治体ランキング » フェデラー、単独最多8度目の優勝=チリッチ破り四大大会19勝目-ウィンブルドン – 時事通信
自治体ランキング コメントはまだありません



男子シングルスを制し、優勝トロフィーを掲げるフェデラー=16日、英国・ウィンブルドン(AFP=時事)

 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権最終日は16日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3、6-1、6-4で下し、5年ぶり8度目の優勝を果たした。優勝賞金は220万ポンド(約3億2400万円)。

〔写真特集〕ロジャー・フェデラー 栄光のグランドスラム制覇


 優勝8度はケン・ローズウォール(オーストラリア)、ピート・サンプラス(米国)を抜き男子の単独最多。35歳での優勝は、1968年のオープン化以降の大会最年長記録となった。四大大会は今年1月の全豪オープン以来通算19勝目で、自身が持つ男子歴代最多を更新した。
 チリッチは2014年全米オープン以来となる四大大会2勝目を逃した。 
 ◇フェデラーの略歴
 ロジャー・フェデラー(スイス)8歳でテニスを始め、98年にプロ転向。03年ウィンブルドンで四大大会初制覇。09年に全仏を制し、生涯グランドスラムを達成。04年2月から08年8月まで237週にわたる世界ランキング1位は最長連続在位記録。「芝の王者」の異名を持つ。185センチ、85キロ。スイス・バーゼル出身。35歳。(2017/07/17-00:07) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す